「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。」マイク・マクマナス

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

(私の評価:★★★★★)93点


生まれながらのワクワクを追求することこそ、
もっとも責任ある生き方であり、
人間として大切な行為なのです。


●これまで、私たちは、
 一生懸命することを求められてきました。


 そして、それが当たり前だと思っていました。
 スポーツ、勉強、仕事、社会生活・・・・・・。


●私は、中学校に入るとまじめに勉強し始めました。


 進学のためには必要ですし、
 それが当たり前だと思っていたのです。


 無事、大学まで入ることができましたが、
 今、中学時代の写真を見ると、
 私の目は死んでいます。


●そして、大学時代、私は何かを
 探しているようだったと、
 楽天日記のプロフィールに書いてあります。


 実はワクワクを探していたのではないか!
 と今、気づきました。


●私は今、仕事をワクワクにする技術を書いた本を
 書こうとしていました。


 そして、この本に出会うとは!
 人生はワクワクを探す旅ではないのか、
 私は今、心からそう思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・それはちがう。自分の夢は全部かなえるんだ。


・成功のカギは、ワクワクの一つひとつを大切にして、
 一生懸命することです。


・仕事を探さないでください。
 それよりも、自分の生来のワクワクに
 根ざした生活を築くようにしてください。


・「ソース」の方法論のひとつに、
 「好きなことのまわりをうろつく」というものがあります。
 そうすると新しい仕事に出会えることがあるのです。


・企業家精神を持つということは、かならずしも
 自分で事業を興すことではありません。
 いつどこでどんな状況に置かれても
 独創的な発想で対処するという意味です。


●私は、フランクリン・プランナー(手帳)を使って人生を計画しています。


●この本を読んで、ワクワクという考え方を
 取り入れて考え直すことにしました。


 当然、この本も座右の書入り決定です。
 まずは、お読みください!


(評価:★★★★★絶対買うべし)93点


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

読もう読もうとずーっと思っていた本です。

個人的に今後のことで行き詰まっていたときに、
ふっと手にとってあっという間に読みきりました。

人生の選択に迷っていた自分に一歩踏み出させるものを
発見できました!

読書って、ほんとに素晴らしいですね(^。^)

「ソース」はワクワクの古典ですね。

セミナーなどもやっているようなので,
参加してみたいです。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む