本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「Wait, What?ハーバード発、成功を導く「5つの質問」」ジェイムズ E ライアン

2021/03/30本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

Wait, What?ハーバード発、成功を導く「5つの質問」


【私の評価】★★★☆☆(79点)


内容と感想

■ハーバード大学教育大学院卒業式で
 大学院長のスピーチが書籍になったもの。
 140ページの本になるくらいの内容を
 スピーチするとは、話が長いな~。


 大学院長になって1年目のスピーチは
 何かを恐れて時間を無駄にすべき
 ではない、ということを話し、
 2年目のスピーチでは不作為の罪に
 ついてスピーチしたという。


 そして本書の3年目のスピーチとして
 人生をうまく生きていくうえで
 大切な5つの質問について
 実例を紹介しながらまとめています。


・「待って、何それ?」は、理解の根っこ。「どうして~なんだろう?」は、好奇心、探究心の源だ。「少なくとも~はできるんじゃないか?」は、前進するための一歩。「何かできることはある?」は、良い関係を築く足がかりになる。「何が本当に大事?」は、あなた自身の根幹に目を向けさせる(p141)


■面白いところは、
 良い人間関係を築くコツは、
 相手からの相談に対し、
 答えを返すのではなく
 ただ聞いてあげること。


 ただ聞いてあげて
 「何かできることはあるか」
 と問いかけるだけでよいということ。


 欧米では答えを教えてあげそうですが、
 本当は質問した人は答えをしっていて
 ただ聞いてもらいたいことも多い
 ということなのでしょう。


 ただ、それだけで人間関係が
 だいぶ改善されるということに
 全面的に同意します。


・アドバイスを与えるのではなく、黙って辛抱強く話に耳を傾け、何かできることはあるかと問いかけてあげたなら、流れはきっと変わってくる・・・誰かに話を聞いてもらって、ちょっと慰めてもらえばそれでいい。それだけでいい(p104)


■ハーバードでも世の中をうまく
 渡っていくためのコツは変わらない
 のだな、と思いました。


 その一方で、質問によって
 考えるべき課題を探し出すことが
 大事だというところを読むと
 好奇心と挑戦心は
 日本人より強いように感じました。


 何が自分の人生にとって大切なのか、
 この人生で取り組むべき重要な課題は
 何なのか考えているところが素晴らしい。


 ライアンさん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・わたしは大学院長に就任したとき、・・・自分はどんな答えも知っていなければならないと思っていた・・・疲れてきた。だから質問するようになった・・・「それはいい質問だね。きみはどう思う?」(p18)


・ジョナス・ソーク・・・ポリオワクチンを開発した彼はこう述べている。"世紀の瞬間とは実は新発見の瞬間ではなく、疑問を発見した瞬間である"疑問に行き着くまでには長い時間がかかるが、それは価値ある時間だ(p21)


・立ち止まって振り返ってみてほしい。フェアな結論を出すのに必要な事実を、自分はすべて知っているだろうかと。事実ではなく思い込みに基づいて反応するのは簡単だ。簡単すぎる。「待って、何それ?」を思い出せば、結論に飛びつくのを防ぐことができる(p42)


・「どうして?」・・・世界的科学者や芸術家ではない一般人でも、謎に気づくことはできる・・・ただ周囲を見回して、問えばいい(p49)


・何かをすればミスを犯す可能性はある。口を開けば間違ったことを言ってしまうかもしれない。それでも、傍観者でいるよりは全力で挑んで失敗したほうがずっといい。テディ・ルーズベルトもそう言っている。失敗したところで笑い話がひとつ増えるだけだ(p89)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
Wait, What?ハーバード発、成功を導く「5つの質問」
ジェイムズ E ライアン、ハーパーコリンズ・ ジャパン


【私の評価】★★★☆☆(79点)



目次

はじめに なぜ人は問うのか?
Chapter1 Wait,What?待って、何それ?
Chapter2 I Wonder・・?どうして~なんだろう?
Chapter3 Couldn't We at Least・・?少なくとも~はできるんじゃないか?
Chapter4 How Can I Help You?何かできることはある?
Chapter5 What Truly Matters?何が本当に大事?
おわりに 究極の問い


著者紹介

 ジェイムズ・E・ライアン(James E. Ryan)・・・第11代ハーバード大学教育大学院長。法律と教育の専門家。エール大学卒業後、バージニア大学ロースクールで学び、弁護士として活躍。バージニア大学ロースクールでマセソン・アンド・モーゲンソウ特別教授を務めた。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: