本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「SHOE DOG(シュードッグ)靴にすべてを。」フィル・ナイト

2020/12/14本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

■ナイキジャパンが差別をテーマにした
 CMを作ったということで手にした一冊です。

 この本ではナイキという会社の創業から
 株式上場までが創業者のフィル・ナイトの
 言葉で書かれてあります。


 フィル・ナイトはスタンフォード大学で
 日本のランニングシューズの米国市場での
 可能性についてレポートを書きました。


 そしてフィル・ナイトは自分で日本の
 シューズを売ろうと考えたのです。
 金も経験もない一人の若者は、
 祖母の反対を無視して日本へ旅立ちました。


・祖母は私の旅の話を聞きつけ・・・「日本ですって」と声を上げたのだ。「どうしてなの。バック、ほんの数年前まで日本人は私たちを殺そうとしたのよ。覚えていないの?真珠湾攻撃を。日本は世界を征服しようとしたのよ。自分たちが戦争に負けたことを自覚していない連中もまだいるわ。日本人は密かに企んでいる。お前を刑務所に送るかもしれなくてよ(p17)


■フィル・ナイトは何度も
 関係者に嘘の説明をしながら
 事業を大きくしていきました。


 まず、オニツカ(現在アシックス)に
 自分の店も流通拠点も経験ないのに
 スポーツ店を経営していると説明し、
 米国市場の代理店契約を得ています。


 一時フィル・ナイトは会計事務所の
 サラリーマンになっています。
 片手間の副業に近いものだったのです。


 フィル・ナイトは米国西海岸で
 売上を増やしていきますが、全米展開は
 できていません。そこを突かれると
 東海岸にもオフィスがありますと
 嘘をついて契約更新しています。


 フィル・ナイトは倍々ゲームで売り上げを
 増やしていますが、当時倒産の危機にあった
 オニツカは、別の販売店を探しつつ、
 フィル・ナイトに会社をオニツカに売却するよう
 提案します。当時フィル・ナイトと交渉していた
 キタミ氏とは、鬼塚氏の書籍から海外事業部長だった
 喜多見氏であり、後に取締役専務となっています。


・彼(キタミ)のブリーフケースから盗んでしまった・・・予定表が入っていたのだ。しかも印刷されて。ブルーリボンを敵視し、キタミに入れ知恵をした競合店がいた。キタミはそこを訪ねようとしていたのだ(p243)


■オニツカの契約更新が難しいと考えた
 フィル・ナイトは、それまで付き合いの
 あった日商岩井と独自ブランドのシューズを
 製造し販売することにしました。


 それが「ナイキ」なのです。


 ナイキ時代も、日商岩井から仕入れ用の
 資金として融資を受けながら、
 内緒で新規工場建設を開始し、
 資金を無断流用することで
 資金ショートを起こしています。


 そのため小切手が不渡りとなり
 銀行口座は凍結。銀行はナイキとの
 取引停止を通告してきたのです。


 急成長する会社は在庫を仕入れるために
 多額の資金が必要となります。
 それなのに銀行はナイキを潰すというのか・・・
 資金流用を知りながらも、銀行の貸し剥がしに
 怒りを感じた日商岩井の現地社員は
 銀行の融資全額を引き受ける決断をするのです。


・「それならば、日商がブルーリボンの借金を返済します。全額」・・・「何とも愚かなことです」当初、彼は私のことを言っているのかと思った。だがそれは銀行のことだった。「私は愚かなことは好みません。みんな数字ばかりに気を取られ過ぎです」(p388)


■日商岩井はナイキの倒産を避けるため
 引き上げられた銀行の資金全額を
 引受けました。


 社内規程で定める取締役会の決定なしで
 そうした対応をした担当者は
 懲戒解雇を宣告されています。
 (担当役員の配慮でクビにはならず)


 フィル・ナイトは日商岩井の担当者に、
 「ありがとうございます。私たちを
 守ってくれたことを後悔させません」
 と発言しています。


 今回のナイキジャパンのCMは
 日商岩井のOBを
 後悔させているのではないか、
 と私には思えました。


 ナイキの経営姿勢を
 もう少し調査してみようと思います。


 ナイトさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・元米兵の2人は、それなら日本でのビジネスをする時の心得を教えておこうと言った・・・「コツは、ごり押ししないことだ・・・無作法に大声で攻撃的に振る舞わず、ノーと言わないことだ・・・間接的に表現する文化なんだ(p34)


・オリンピック予選・・・USC(南カルフォルニア大学)の砲丸投げ選手、デイヴ・デイヴィスが初日に店に立ち寄って、アディダスやプーマから無料でシューズをもらえないとこぼし、喜んで私たちのシューズを履いてくれた。そして見事に4位の入賞した・・・(p298)


・円の変動とあわせて、日本で多くの製品を作っていた会社は先行きが不安定になった・・・次は台湾だと私は踏んでいた。日本の崩壊を察した台湾当局は、来たるべき空白を埋めようと急速に体制を整え、猛スピードで工場を建てていた(p357)


・彼ら(日商)の融資の一部を、海外から届くシューズの買い取りではなく、エクセターの工場の経営に内緒で回していたことがバレるのだ(p379)


・私たちはいったい何を創ろうというのか。どんな会社にしたいのか・・・自分の心の中を探り、思い立った言葉は1つ。"勝つこと"だ。・・・どんなことがあっても、私は負けたくない。負けることは死を意味する(p397)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

フィル・ナイト、東洋経済新報社


【私の評価】★★★★☆(89点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

夜明け アスリート人生
1962 オニツカとブルーリボン
1963 会計士として
1964 レジェンド・バウワーマン
1965 巨漢ヘイズ
1966 手紙魔ジョンソン
1967 ウッデルの参加
1968 ペニーとの結婚
1969 フジモト
1970 8000ドルの借金
1971 ナイキ・ブランド誕生
1972 シカゴの展示会
1973 偶像を破壊する
1974 専属弁護士ストラッサー
1975 日商岩井
1975 プリとの別れ
1976 バット・フェイス
1977 ゴールラインは存在しない
1978 2500万ドルの請求
1979 中国進出
1980 株式公開
夜 死ぬまでにしたいこと


著者紹介

 フィル・ナイト・・・ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める。その後独自ブランドの「ナイキ」を立ち上げ、社名もナイキと変更。創業メンバーたちとともに、スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマをしのぐ企業へと同社を育て上げる。1964年から2004年まで同社のCEO、その後2016年まで会長を務める。妻ペニーとオレゴンに暮らす。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: