本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学」

(2020年4月25日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


■ラーメン屋はたいへんだよ、という
 ことを著者は伝えたいのです。


 川田さんはプロレスを引退して、
 ラーメン屋をはじめましたが、
 初期投資に1000万円かかり、
 収支は赤字だったという。


■著者は旨いものを売ればいいと
 考えていましたが、
 コストがかかり売れるだけ
 赤字となってしまった。


 3台所有していたベンツは国産車になり、
 腰と膝が痛くなり、
 仕込みで睡眠不足の毎日が続くのです。


■実は、ラーメンというのは
 単価が安いので、何度も来たくなる
 そこそこの味が良いという。


 ラーメンも飲食店事業であり、
 生半可な気持ちでは
 成功はおぼつかないのでしょう。


 川田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ラーメン屋というのは一日中、立ち仕事が続くから、どうしても腰や膝が悪くなる(p73)


・固定費・・ウチの店の場合、家賃と光熱費、そして駐車場代も入れて、だいたい月に50万円から60万円・・保険料(火災など)もあるし、年払いをしている冷蔵庫などの保守料も月割で考えたら、なんにもしなくても、80万円くらいの金が飛んでいってしまうことになる(p83)


・ラーメンのように比較的安価な外食に関しては、「ものすごく旨い、というわけでもないけれど、まずくもない」ぐらいがちょうどいい・・・気軽に足を運べるのは大事なんだよね(p88)


・極端な例では、380円のデザートを頼んで、それを10人で分けて食べる、ということが実際にあった。ひとり頭38円だ!・・・それをやられてしまうと、文字通り、こちらとしては「商売あがったり」だ(p107)


・最初に1000万円以上の金を突っ込んで、それを1杯数百円のラーメンで回収するのは、そんなに簡単な話ではない(p162)


▼引用は、この本からです。

川田 利明、ワニブックス


【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次


第1章 「デンジャラスK」が「麺ジャラスK」に"転職"した理由
第2章 ラーメン屋は四天王プロレスばりに過酷な世界だった!
第3章 そして、俺はベンツを3台、スープに溶かした
第4章 個人経営店の難敵!ラベリング効果と大手チェーン店の奇策
第5章 それでもラーメン屋になりたい人に教える『俺だけの王道』辛口10箇条!


■著者略歴


川田利明(かわだ としあき):1963年12月8日生まれ。栃木県下都賀郡大平町(現:栃木市)出身。高校ではレスリング部に所属し、国体優勝後の1982年の3月に全日本プロレスに入団。同年の10月4日、冬木弘道戦でデビュー。1987年には天龍源一郎の「天龍同盟」に加入。その後、高校時代の先輩である三沢光晴さんと「超世代軍」を結成。田上明さんと「聖鬼軍」を結成。1994年には『94チャンピオン・カーニバル』にて初優勝。同年、日本武道館大会にて第12代三冠ヘビー級王者となった。現在、選手としてはリングから遠ざかっているが、2018年からは自身初プロデュースとなる『Holy War』を開催。一方、2010年6月12日に、ラーメンと鶏の唐揚げを看板料理として、自身のニックネームにちなんだ『麺ジャラスK』を開店。今年で10周年を迎えた。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: