本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「学校では教えられない歴史講義 満洲事変」倉山 満

(2018年6月26日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校では教えられない歴史講義 満洲事変

【私の評価】★★★★★(90点)


■日本が満州、台湾、朝鮮を失い、
 太平洋戦争に負けたのは、
 日本人がお人好しでバカだったからと
 歴史を分析する一冊です。


 日本の運命は、日英同盟の破棄と
 満州事変にともなう国連脱退で
 決まったと指摘しています。


 当時、大日本帝国は大英帝国と連携して、
 非常に安定した国際的な地位を
 確保していました。


 その日英同盟を破棄させたかった
 新興国である米国の作戦に気付かず、
 日本は同盟を破棄してしまったのです。


・イギリスとしては日英同盟は切りたくない・・イギリスは日本に、「絶対に断ってよね」というニュアンスを込めて「アメリカのこともあるし、今後も同盟を続けられるでしょうか。何なら、アメリカも入れて三国同盟などはいかがか」と持ちかけました。これを幣原喜重郎という駐米大使が、「そういうことなら日英の軍事同盟は破棄しましょう」と答えてしまいました・・日本側は気付かず、日英同盟は廃止にひた走ったのです(p79)


■そして、日本は満州に権益を確保し、
 満州国という傀儡政権を立てます。


 満州国を調査した国際連盟の
 リットン調査団は満洲国を否定するものの、
 日本の権益には一定の理解を示します。


 しかし、日本は満州国の承認を
 譲れない一線として
 国際連盟を脱退してしまいます。


 そうした世論があった事実と
 そうした世論に媚びた政権が、
 日本を孤立させていったのです。


 無敵の軍隊を持っていた日本は、
 自分から国際的に孤立し、
 最後には一国で世界と戦争をして
 敗戦に向かっていくのです。


・大日本帝国は満州国を承認しました・・・一点の妥協もしたくないという世論に媚びたからです・・リットン・レポートは実は日本の勝利・・・満洲国さえ否定して形式上中華民国の主権だけは残してくれれば、あとは日本がすべて好きにしていい、という内容です(p250)


■結局、日本人はあいかわらず
 世論とそれを操作するマスコミに
 弱いのだと思いました。


 端的に言えば、
 日本人の頭が悪いのです。


 当時も中国、朝鮮の排日運動、暴力行為、
 野党・マスコミのスキャンダルでの倒閣運動、
 他国のプロパガンダによる国際世論操作と
 現在と同じことが行われていました。


 歴史が繰り返されるとすれば、
 次は日米同盟の破壊あたりが
 次のターゲットなのでしょうか。


 倉山さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・満州事変に「軍部」の「独走」など無い・・満州事変に国際法違反は無い。むしろ生真面目に遵守しすぎ・・・国際連盟脱退に外的要因はない。徹頭徹尾、日本の内政問題である(p16)


・日本は勝手に孤立していきます・・・日本が国際連盟を脱退した原因は、満州国の承認問題、ただそれだけです。どうして満州国のために世界を敵に回さなければならなかったのでしょうか(p29)


・1905年北京条約・・この条約締結のときの秘密議事録に「満鉄並行線の禁止」があります・・支那人は約束を守りません・・張作霖、張学良の父子ギャング(軍閥)が二代にわたって「満鉄包囲鉄道」を事業展開しました(p39)


・なぜ共産主義が猛威を振るうかというと、共産主義の理論家たちは"ツッコミ"がうまかったからです。共産主義など、大した中身がある訳ではなく、言っていることはデタラメですが、他人を批判する時には、その屁理屈が非常に頼りになりました(p73)


・野党は、与党をひきずり下ろすためなら、官僚機構や軍組織と手を組んででも倒閣運動をやります。これをマスコミが煽ります(p87)


・中華民国は、各国から不平等条約を押し付けられ・・日本人であれば、いくら無理やり押し付けられたものでも正規に結んだ限りは同じく正規の手続きを踏んで条約を変えていこうと考えます・・中華民国の人たちは・・・守らなくていいと考えます。そしてテロを始めました・・中華民国の巨大な旗を掲げ、「ボイコットだ!」と叫んで街に繰り出し、商店や倉庫、住宅街を破壊してまわりました(p91)


・中華民国の排日行為・・邦人居住権侵害、商業・工業・農業・林業・鉱業の妨害、反日教科書などの侮日行為、朝鮮人を中心とした邦人の生命および財産への侵害・・それに対して外務省は何をやっているのか・・満洲事変直前の昭和6年の冊子です(p108)


・ソ連は「臆病な熊」です。相手を侵略するときは油断させて素振りも見せない。しかし、戦いたくないときは居丈高(いたけだか)に威嚇します(p150)


・チャイニーズを舐めてはいけないのは、自分たちの味方が現れるまで工作を続けることです・・逆に日本人は、「支那人の真似をして宣伝などするのは嫌だ」「真実はいつかわかる」という態度をとったのですが、それは手をこまねいて見ていたのと同じでした(p153)


・もし我が国がリットン報告書を蹴散らすなどという失礼な真似をせずに日英友好に務めていれば、第二次世界大戦など起こらなかったかもしれません・・・(p201)


・西園寺は後継首班に斎藤実海軍大将を奏薦しました・・・政党総裁ではない斎藤が首班・・・その場は丸く収まるけれでも、根本的な問題をすべて先送りにする、むしろ悪化だけさせるけれども、大半の人が「あの人は、いい人だから」で済ますので、危機を唱える者の正論が通らなくなって破滅する、という人がいます。最近だと村山富市・・(p233)


・内田は、満州事変はすべて自衛行動だと述べ・・「満州国は承認する」「世界を敵に回す覚悟である」「国を焦土にしてでもやり抜く覚悟である」と。残念ながら、大日本帝国は三つとも実行してしまいました・・この答弁は「焦土演説」と名付けられ、もてはやされました(p244)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

学校では教えられない歴史講義 満洲事変
学校では教えられない歴史講義 満洲事変
posted with Amazonアソシエイト at 18.06.25
倉山 満
ベストセラーズ
売り上げランキング: 4,908


【私の評価】★★★★★(90点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

序 章 満洲事変を正しく知って賢くなろう
第一章 満洲事変 前史1「平和ボケ」日本の幕開け
第二章 満洲事変 前史2 ババをひく日本
第三章 満洲事変 「憲政の常道」の終焉
第四章 満洲事変 その後 不幸になっていく日本と世界



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: