「男の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり"成功の種"をまく方法 」中野日出美

|

男の子の育て方  子どもの潜在意識にこっそり

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■著者は十数年前に、
 腫瘍が子宮、腎臓、小腸に
 転移しました。


 死を前にして
 二人の子供たちに伝えたことは、
 ワクワクする人生を選びなさい
 ということ。


 そして同時に著者は、
 親が子どもに「成功の種」をまく本を
 書きたいと思ったのです。


 奇跡的に回復した著者が、
 この本を書くことができたのです。


・人生でどちらにしようかと迷ったときは、
 目を閉じて自分の心に訊いてごらん。
 どちらがワクワクするか、
 どちらが幸せになれそうかって(p204)


■子どもは頭が良いので、
 親の本心をすぐに
 見抜いてしまいます。


 特に反抗期の子どもは、
 自尊心ができたてなので、
 言われたことはやりたくない。


 だから、暗示的に言うこと。
 間接的に伝えることが
 効果的なのでしょう。


 一番良いのは、言われたのではなく、
 自分が気づいた、考えたのだと
 思わせることなのです。


・親が口では「勉強することが大切」
 と言いながら、自分は本も読まず、
 新しいことも学ばず、スマホやテレビ、
 長電話などに夢中になっていると、
 子どもはそれが親の本音であると察します(p75)


■子どもは素直に反応するので、
 わかりやすい。


 それに比べて大人は、
 もっと分かりにくいし
 陰湿です。


 親は子育てによって
 人の扱いについて
 学ばせてもらっているのでしょう。


 中野さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「虫歯になるから歯みがきしなさい!」
 というのが明示。
 そして、「お父さん、後悔しているんだよ。
 子どもの頃にちゃんと歯みがきしていたら
 歯を抜かなくてすんだのにって・・」
 というのが暗示です(p28)


・人間の一生は・・
 子ども時代に親から与えられる、
 3つのメッセージによってつくられる・・
 1つめは親の言葉、
 2つめが親の態度や振る舞い
 そして3つめが親の生き方です(p30)


・いじめられない、いじめない子どもにするために
 必要なのは「NO」と言う勇気です。
 嫌なことをされたり、強要されたりしたときに
 はっきり、「ぼくは嫌だ」と言える子は、
 いじめっ子にとっては、いじめにくい子です(p101)


・「打たれ強さの種」をまきましょう・・
 「苦労したり、傷ついた人のほうが大人になってから
 成功するもんだよなあ」
 「成功する方法って、1つじゃないんだね。
 まわり道をする方法だってあるよね」(p149)


・子どもが泣いたり、怒ったり、すねたりして
 駄々をこねたときなどに、つい根負けして、
 わがままを容認してしまうと、
 「自分の欲求を通したいときには、泣いたり、
 怒ったり、すねたりすれば叶う」という
 「失敗の種」が子どもの潜在意識にまかれます(p159)


・最後まで1人でやらせる・・
 子どもは、遅刻や忘れ物をして、
 恥ずかしい思いをすることから
 「ああ、自分でできることは自分でやらなきゃ」
 と学ぶのです(p171)


・社会に出れば、危険なことも
 悪いことも、不公平なことも
 たくさんあふれているのが現実です。
 理想論や正論だけをふりかざしていても
 生きてはいけません(p137)


・本当に弱ったときに、
 誰かに助けを求められる勇気は、
 「人生を強く生き抜く力の種」
 になります(p147)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


男の子の育て方  子どもの潜在意識にこっそり
中野日出美
大和出版
売り上げランキング: 13,158

【私の評価】★★★☆☆(79点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

成功の種1 男の子の潜在意識に「自分を愛する種」をまく
成功の種2 男の子の潜在意識に「学力アップの種」をまく
成功の種3 男の子の潜在意識に「人づき合いがうまくなる種」をまく
成功の種4 男の子の潜在意識に「愛され男になる種」をまく
成功の種5 男の子の潜在意識に「打たれ強さの種」をまく
成功の種6 男の子の潜在意識に「セルフコントロールの種」をまく
成功の種7 男の子の潜在意識に「たくさんお金を稼ぐ種」をまく



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)