「会社人生は「評判」で決まる」相原 孝夫

| コメント(0) |

会社人生は「評判」で決まる (日経プレミアシリーズ)

【私の評価】★★★★☆(81点)


■人事コンサルタントが
 日本の人事事情を
 説明してくれます。


 終身雇用が前提の日本の企業はで
 人事は、短期的な実績ではなく
 長期的な"評判"で決まる


 一方で、中途採用者が多い組織では、
 数字で出る仕事の実績と"評価"が
 重要視されるらしい。


・流動性が高く、中途採用者が多い組織では、
 長期的に築かれる評判よりは、短期的な
 実績である評価がより重要となる(p41)


■では、"評判"の良い人と、
 "評判"の良くない人との差は、
 どこにあるのでしょうか。


 その差は、わずかで、
 些細なことだといいます。


 根回しに手を抜かない人。
 上司の気づかないことをフォローする。
 こまめに報告する。


 この人に仕事を任せると
 安心できる人が
 選ばれるのですね。


・社内的な評判の高い人たちを見てみると、・・
 彼に任せると何か安心だとか、
 他の人よりも少しだけかゆいところに手が届くとか、
 少しだけ粘り強いとか、
 欲しいタイミングで報告をくれるとか、
 微細な差であることが多い(p140)


■ポイントは、配慮、実行、役割だと
 わかりました。


 周囲に配慮し、すばやく実行し、
 自分の役割を演じ切る人。


 手間を惜しまず、
 地道にやっていく人が
 評価されるようです。


 相原さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・好業績者には、必ずと言っていいほど、
 師匠的存在の人がいるのだ(p87)


・評判の良い人の代表例・・
 実行力の差は細かな点に表れることが多い・・
 たとえば"根回し"などがある。・・
 「事前に聞かされていなかった」が
 大問題へ発展することは多い(p95)


・根回しに労を割かないことで
 猛反発に遭うことも多いようだ。
 「正論だから通るはず」とか、
 「論理的に明快に説明がつくから大丈夫」
 などの捉え違いがあるようだ(p95)


・役割を誤解していたり、理解していても
 十分に演じられない場合、ミスマッチと
 判断され、高く評価されることはない。
 管理職になれば、他人を褒めたり、
 叱ったりしなければならない
(p203)


・日産自動車では・・ベテランの部長格から
 選ばれた5人のキャリアコーチが、
 各部門の将来リーダーを世界中から発掘して
 育てるという役割を担っている(p32)


・評判はある人が抱いた印象が伴い、
 評価や判断が加えられ、伝えられたものだ。
 しかも1人ではなく複数の人が
 関与してはじめて形成される(p55)


会社人生は「評判」で決まる (日経プレミアシリーズ)
相原 孝夫
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 37,731

【私の評価】★★★★☆(81点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ すべては評判で決まる
第1章 評価が高くても、評判が悪ければ意味がない
第2章 驚くほど少ない情報と言葉で、印象はつくられる
第3章 中途半端な立場の人ほど、高圧的になりやすい
第4章 結果を出す職場では、他部署の社員が油を売る
第5章 評判を高め維持する、シンプルな考え方と働き方



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)