本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「課長になれない人の特徴」内山 力

(2015年7月24日)|

課長になれない人の特徴 (PHP新書)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■自分で仕事をやってしまう人は、
 課長になれません。


 課長の仕事は、
 部下を通じて結果を出すこと。


 そして、仕事を通じて
 部下を育てることなのです。


・「マネジメントは計画がすべて、 実行は部下に任せる」がマネジメントのセオリーです(p28)


■しかし、優秀な人に限って
 自分で仕事をしたくなる。


 部下の仕事にイライラし、
 自分でやったほうが早いと
 思ってしまう。


 さらには、うまくできない
 部下の仕事を取ってしまう
 上司もいるのです。


 最初はうまくいったとしても、
 組織が大きくなってくると
 いずれ壁にぶち当たる。


・このトップセールスマンの特徴は、何でも自分でやってしまうことである・・・これを経営者の目で見ると「育てることを知らない。マネジャーの器じゃないな」である・・サラリーマンをやっていくなら、考え方を変えないと幸せはないよ(p220)


■実は、
 課長になれない人とは、
 著者のことでした。


 何でも自分でやってしまう著者は、
 独立しコンサルタントになり、
 幸せになったのです。


 人には合う合わないがあり、
 その人に合った道がある
 ということなのでしょう。


 内山さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「忙しい」というのは「計画ミスだ」と訴えているのと同じです(p28)


上司はまず部下の意見を聞くべきです・・部下の意見を聞いて、それを参考にして(しなくても)、その後で自らの優先意見を出します。これが・・意思決定です(p78)


・上司にとって「部下の人事評価」は仕事だということです・・・良い人事評価とはどんなものなのでしょうか。それは評価した相手が納得することです(p177)


・自分のマネジメントについてきてくれてありがとう・・部下の働きによって自分は評価され、給与も与えられる・・(p183)


・セールスマネジャーにはただ単に売るために必要な知識ではなく、「なぜそういうやり方でやっているのか」「他の会社ではどういうやり方をしているのか」といった形で・・体系化するための知識が求められます(p242)


課長になれない人の特徴 (PHP新書)
課長になれない人の特徴 (PHP新書)
posted with Amazonアソシエイト at 15.07.23
内山 力
PHP研究所
売り上げランキング: 46,463

【私の評価】★★★★☆(84点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 仕事編
第2章 会社編
第3章 上司編
第4章 同僚・部下編
第5章 コミュニケーション編
第6章 態度編


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: