「テトラポッドに札束を」和佐 大輔

|

テトラポッドに札束を (単行本)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■「ブログ解体新書」などの情報商材で
 1億円稼いだ!という
 和佐さんの一冊です。


 なんと和佐さんは、
 事故で首から下が動かないらしい。


 そんな少年がインターネットの世界で
 情報商材と出会います。


 しかし、ほとんどは
 詐欺のような商品ばかり。


・情報商材と呼ばれるものをお年玉を使って
 いくつか購入してみましたが、どれも
 内容は詐欺のようなもので・・・
 この時いくつか買った情報の中で
 「アフィリエイト」というものが
 紹介されていました(p26)


■それでも情報を買いあさり、
 自分もブログを作り
 アフィリエイトをしてみましたが
 それほど儲かりません。


 どうすれば儲かるのか。


 そこで、自分で商材を作り、
 それまでのノウハウを公開しました。


 それが「ブログ解体新書」。


 アフィリエイターの協力もあり、
 爆発的に売れたのです。


・「どうすれば信用してもらえるだろう?
  どうすれば好きになってもらえるだろう?
  どうすれば尊敬してもらえるだろう?」
  ということを考えるようになりました(p34)


■その後は、会員ビジネスも
 されているようです。


 自分でアフィリ→情報商材→会員ビジネス


 大きく稼ぐには
 このパターンが王道のようです。


 和佐さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


理想のキャラクター
 分析してそれを演じるのです(p38)


・「甘んじてコモディティとして生きるか」
 or
 「自分という商品をデザインするか」(p72)


・三日坊主でもいいのです。
 3日間集中すれば、
 色々なことがわかります(p90)


・1.人をバカにしないこと
 2.必ず質問をすること
 3.わからないことは必ず調べること(p130)


・最初にコンセプトを決める・・
 1 最初に自分をキャラクター化する
 2 最初にコンセプトとストーリーを決める
 3 最初に仲間を巻き込んでしまう(p155)


・コンサルタントを雇うのも、
 仲間作りの1つですね(p164)


テトラポッドに札束を (単行本)
和佐 大輔
幻冬舎
売り上げランキング: 23,066

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■目次

第1章 首から下が動かない!?
第2章 車椅子の少年が17歳で月収1000万円
第3章 貧乏で不自由になる日本人
第4章 一人一人の可能性
第5章 ハイパーデジタリアンになれ!
第6章 70億分の1の成功の法則
短過ぎる最終章 脳みそは自分が思っているよりも少しだけ優秀


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)