「言い方力」児玉 千春

|

言い方力 (TTS新書)

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■最近、言い方に気をつかっています。


 特に会社では、責任ある立場で話す場合。


 また、上司として部下に話す場合。


 公の場では、どう伝わるかが大事であり、
 言い方が大切なのです。


・DJポリス・・・「お巡りさんだって、
 こんな良き日に怒りたくありません。
 私たちはチームメートです。どうかみなさん、
 チームメートの言うことを聞いてください」(p6)


■言い方は、その場、その場で
 答えが変わります。


 言い方で、人間としての評価が
 変わります。


 つまり言い方とは、
 自分そのものなのです。


 自分の言い方スタイルを
 洗練させていくためにも、
 こうした本で、
 言い方を再検討したいものです。


 愚痴をこぼされたら・・・
 苦手なタイプには・・・
 意見が合わなかったら・・・


 準備はできていますか?


・愚痴をこぼされたら・・・
 「そうなんだ」
 「それは大変だね
 「やりにくいよね」(p49)


■コンパクトで読みやすい本だと思いました。


 大きく立場で分けたり、
 性格で分けたりしてみると、
 面白いかもしれません。


 児玉さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・子どもへの効果的な声掛けは・・
 「かっこいいね」(p35)


・レジ担当者にも声掛けを・・
 「声がきれいですね」とか・・
 「レジ打ち、めちゃくちゃ速いですね。助かるわ」(p75)


・電話の対応は
 いつもよりワントーン明るく(p91)


・子どもが「痛い」と言えば
 「そうだね、痛いね」と言い、
 「くやしい」と言えば
 「そうだね、くやしいね」と言うのです(p41)


言い方力 (TTS新書)
言い方力 (TTS新書)
posted with amazlet at 14.10.21
児玉 千春
東京図書出版
売り上げランキング: 735,124

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■目次

第1章 こんな時どう言う?
第2章 「言い方力」を養うために


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)