「ずるいえいご」青木 ゆか、ほしの ゆみ

| コメント(0) |

ずるいえいご

【私の評価】★★★★☆(83点)


■英語が好きになって、イギリスに留学したら、
 まったく英語が伝わらず
 ショックを受けた青木さんの一冊です。


 特にイギリス英語は、
 発音からちょっと違うので、
 最初は戸惑うかも。


 青木さんのアドバイスは、
 難しい単語を知らなくても問題ない。


 簡単な単語で言い換えちゃえ!
 ということです。


・"乱気流"がわからない・・・
 ジェットコースターみたいだった でも
 なんならジェスチャーでもいいんですよ(p36)


■キリン(giraffe)という単語を知らなくても、
 黄色(yellow)で背が高く(tall)て
 クビが長い(long neck)で通じるのです。


 単語を思い出すために黙ってしまうくらいなら、
 簡単な単語で言えばいい。


 言い換え力があると、
 英語で話すのが楽になるのです。


・最初に頭の中にキリンの絵を思い浮かべます。
 そして、その映像の中で英語にしやすいところを探し出して、
 それを伝えてみてください。例えば、
 「A tall animal」背が高い動物で、・・(p67)


■私も、20代でのニューヨークを思い出しました。


 若いときはまじめに英語を勉強しちゃうので、
 ここまで割り切るのは難しいんですよね。


 この本で、まじめに英語を勉強して
 現地で通じなくてショックを受ける人が
 一人でも減るといいのにな~と感じました。


 青木さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・文章で使われる単語の8割は、
 全単語数の2割にあたる頻出単語(p51)


・「直訳」をすてて!
 映像から英語にできそうなところを
 探してみて!(p63)


・自分が興味のある専門分野に絞って学んで、
 それを応用していくのが
 一番の近道なんです(p189)


ずるいえいご
ずるいえいご
posted with amazlet at 14.07.27
青木 ゆか ほしの ゆみ
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3,288

【私の評価】★★★★☆(83点)

■目次

Part1 話せることを知る「6つの心構え」
Part2 言い換えの原則「4大柱」
Part3 魔法のボックス 言い換えトレーニング編
Part4 魔法のボックス 応用編
おまけ 会話をスムーズに続けるコツ
おわりに 落ちこぼれ留学生が、すてる英語トレーナーになったわけ
番外編 ゆか先生の「すてる英語くらぶ」へ、行ってみた
対談 とっておきの勉強法── 青木ゆか×ほしのゆみ


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)