「初対面は「テクニックが9割」」有村友見

|

行動心理学が教える 初対面は「テクニックが9割」

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■第一印象を良くする秘訣です。


 まず、基本をしっかりしましょう。


 清潔、笑顔、アイコンタクト、
 相手の名前を呼ぶ、自己開示が
 大切になります。


・爪は汚れていませんせんか?
 スーツ・シャツ・・靴のかかと・・
 口臭、洋服の臭い・・ヒゲ・・
 相手はあなた以上に細かい部分を見ている(p18)


■会話もプラス言葉が基本です。


 自己開示をしながら、
 相手にも自己開示してもらう。


 その中から「教えてください」と
 お願いすればいい。


 相手を理解することが大事で、
 共通点があればさらにいいのです。


・「否定」も「助言」も極力しない・・・
 助言とはいえ、人から指摘を受けることは
 自分の弱点を突かれることと同じです(p161)


■アイコンタクトは、
 必ずしも目を見る必要はなくて
 鼻の周辺でもOKとのこと。


 今度、目を合わすのが怖い人で
 実験してみます。


 何事も実践ですね。


 有村さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アイコンタクトだけで好感度2倍(p42)


・左右の目と唇を結んでできるトライアングルの
 エリア(社交ゾーン)・・を見ていると、
 相手の目を見ていなくても、
 相手は目が合っていると感じます(p165)


・人に何かをお願いするときはタイミングが重要です・・
 「一緒に食事をした後にお願いする」(p135)


・懐に入り込む・・・
 「どうされたのですか?」・・
 「ということは、・・
 「うわ・・・
 質問を投げかけて深堀りしていく(p153)


現在→過去→未来の順番で聞く・・
 どのようなお仕事をされているのですか?」・・
 どのような経歴でいらっしゃるのですか?」・・
 これからどうされたいとお考えですか?・・(p150)


・相手に好かれるために必要なことは、
 相手が求めているのを読み取って、
 その人が欲しいタイミングで
 「そっと」差し出すことです(p56)


・手のひら(内)を見せることで
 相手に安心感を与えることができる(p111)


行動心理学が教える 初対面は「テクニックが9割」
有村友見
遊タイム出版
売り上げランキング: 302,347

【私の評価】★★★☆☆(75点)

■目次

第1章 最初の7秒で失敗しないための「初対面の原則」
第2章 ひとりよがりにならないための「相手の心の読み方」
第3章 初対面でも会話を「途切れさせない技術」
第4章 [Q&A]困った......こんなときはどうすればよい?


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)