本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「調理師という人生を目指す君に」上神田 梅雄

2014/04/30本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「調理師という人生を目指す君に」上神田 梅雄


【私の評価】★★★★★(96点)


内容と感想

 料理人として40年間修業を続けた上神田さんの一冊です。現在は、新宿学園・新宿調理師専門学校の校長の立場で後輩の育成に携わっています。


 料理人のスタートは、洗い場から始まります。著者は洗い場で日本一になろうと、志を立てました。


・自分は「見習い・洗い方の日本一」を目指そうと思いました・・・10個近くあったごみバケツの洗浄に磨きをかけました(p170)


 料理人とは、その長時間労働、低賃金と職業としてはお勧めできないと著者は言います。しかし、料理人とは、食卓に笑顔の花を咲かせる尊い職業でもあり、究めるに値する仕事でもある。


 そして、技を究めたときに、から素晴らしいプレゼントが返ってくるという。道を究めた人にしか、感じることのできない境地だと思いました。


・「よし、これでいい。今できるベストを尽くした」という思いがしました。もし仮に、ここに師匠がいて観ていただいたならきっと「上神田、良い出来だな・・。ご苦労さん」と言っていただけるかもしれないと、なぜか確信できました(p130)


 もちろん、業界には、道を究めようという人ばかりではありません。才能だけで、人間的レベルの低い人もいます。


 そうした人たちと出会うことで、物事を深く考えることがでるようになった、自分の弱さを知ることができた、他人を許す気持ちを持てるようになったというのです。


・「おい、お前一人だけ良い格好するなよ、俺たちが困るだろう」と、先輩にあたる特待生七人に詰め寄られる・・・「一日怠けたら、一日遅れる」の気概で働き抜きました(p93)


 料理人として一流というだけでなく、人間としても一流の世界を見せてくれる一冊です。お母様の教えも素晴らしい。


 上神田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・若い時には、勝っても、負けても、思いっきり泣けるくらいに、真剣に取り組んでみてほしいと助言したいです(p87)


・憧れて描いた「夢」を手に入れるための努力を始めてこそ、夢は価値を持ち得ます(p145)


困難に遭って初めて人間の真価が問われる(p110)


・関西勢から起用された、脇鍋の若い料理人など、最初から喧嘩腰できます・・・「誰に口利いとんのや・・・わざわざ大阪から、教えにやってきてくれた彼らから、可能な限り、関西に伝わる調理技術を盗もう、教わろう、と考えるようにしました。相手を尊重して六分に、自分たちは遜(へりくだ)って四分の気持ちで・・・(p116)


・才走った者は・・・「俺は凄いだろう!」という思い上がりが、人間の成長を止めてしまい、「真の粋」をはき違えた料理人たちは遊興三昧に走りがちです(p148)


・母が常々言っていた「小言」。・・・「梅雄やい、他人の眼は誤魔化せても、神様が見てるんだが。それよりも何よりも自分の心は絶対に誤魔化せないんだが・・」(p59)


・私の母は「梅雄やい、偉そうにすんでない。偉そうってことは、偉くないってことなんだが・・。本当に偉い人は、偉そうにする必要がないんだが」(p60)


調理師という人生を目指す君に
調理師という人生を目指す君に
posted with Amazonアソシエイト at 14.04.29
上神田 梅雄
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 49,839


【私の評価】★★★★★(96点)



目次

「料理は魂が食べているのである」
第一章 「人としての心を育てる」
第二章 「立志を促したもの」
第三章 「この仕事を天職にしよう」
第四章 「この仕事を天職としよう」
第五章 「天知る地知る 吾知る子知る」


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: