「1年で成果を出すP&G式10の習慣」杉浦里多

| コメント(0) |

1年で成果を出す P&G式 10の習慣

【私の評価】★★★★☆(80点)


■P&Gジャパンで9年間活躍した著者が教える 
 外資系の仕事術です。


 いきなり「お話の目的は何ですか?
 と質問されるのは、さすが外資系です。
 (もちろん公用語は英語)


 逆に目的がはっきりすれば、
 やるべきことが見えてくるということでしょう。


・上司に話しかけようと思ったらその前に「目的は?
 会議をするならその前に「目的は?
 書類を書くならその前に「目的は?」(p23)


■社内資料もA4一枚が多いとのこと。


 目的、戦略、背景、結論、根拠、課題、とるべきアクション
 はっきりしていれば、A4で充分なのです。


 日本でも一枚にまとめる会社が多いと思いますが、
 A4となるとハードルは高いと思います。


 私もA4で資料をつくったことがありますが、
 すぐにA3に直された経験があります。


・1.目的と戦略の設定
 2.取り巻く環境の分析
 3.WHO(お客様理解)
 4.WHAT(お客様に提供する価値)
 5.HOW(お客様との関係づくり)(p84)


■英語でコミュニケ―ションしているのも、
 一つの要因かもしれないと思いました。


 合理的な面では日本でも
 学ぶべき点は多いと思います。


 杉浦さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「あなたのお給料はそんなことのために払われているのではない」
 と、直接言われたこともあります・・・
 「それはあなたが本当にしなくてはいけないこと?
 「それは目的達成のために必要なこと?」
 と常に問われます(p189)


・P&Gでは、ゴールとしての目標に加え、
 さらに背伸びした数字をストレッチゴールとして設定します
 (例:ゴールは昨対比105%、ストレッチは昨対比110%)(p38)


・パンパースの事例を見てみましょう・・・
 産院・産科で使ってもらう戦略・・・
 はじめにファンを囲ってしまうと、
 ずっと買ってもらえる可能性が高くなります(p90)


・成功体験と失敗体験を規定の要素(原因と今後の活かし方)
 に書き出し、共有されたものがマニュアルとなり、
 お客様訪問後1時間以内にメール配信する"1行報告"は、
 組織対応ができるシステムとして機能しています(p186)


1年で成果を出す P&G式 10の習慣
杉浦里多
祥伝社
売り上げランキング: 19,710

【私の評価】★★★★☆(80点)

人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 言葉を変える
習慣1 「目的は?」を口ぐせにする
習慣2 ダメだしよりまずポジティブな言葉
習慣3 フィードバックの言葉をあげる・もらう
第2章 考えを変える
習慣4 「消費者がボス! 」顧客志向で考える
習慣5 リーダーシップは影響力と考える
習慣6 「万が一」を想定する
第3章 行動を変える
習慣7 「1ページメモ」で頭を整理する
習慣8 他人の成功体験を徹底的にマネする
習慣9 「量」より「質」の時間管理
習慣10 ボスマネジメントをする


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)