「ぐっちーさん 日本経済ここだけの話」山口正洋

| コメント(0) |

ぐっちーさん 日本経済ここだけの話

【私の評価】★★★★☆(82点)


■丸紅からモルガン・スタンレー、ベアー・スターンズ等、
 欧米の金融機関で働いてきた著者の教える
 「本当は凄い日本の経済」です。


 最初に「大新聞の三大嘘」として、
 円高悪玉論、財政問題、格差拡大を指摘しています。


 朝日新聞出版から
 こういう本が出るのは面白いですね。


・「大新聞の三大嘘」というのがあります。まず円高悪玉論・・・
 二つ目はこれもよく取り上げられる財政問題。・・
 三つ目は格差拡大。・・学歴がなくても、起業で
 成功すれば数百億円の上場益が手に入る世の中です。
 これは格差ではなく、やる気の問題です。(p27)


■まず、消費税増税には反対の立場。


 だいたい、税収が増えるとは限らない。


 ただ、ここまで来たら自民党でも止められないかも・・
 実際、止めることによる信用低下のデメリットも大きい、
 ということのようです。


・消費税率を上げて肝心の税収が増えるかどうかは、
 その後の消費動向に左右されます。しかし、失業率が高く、
 15年以上も給料が下がり続け、かつ不動産も含めて
 ほぼすべての物価が下落している経済状況のもとで
 消費税率を上げるという「暴挙」を押し通した「アホな国」が
 過去にはなく、こればかりはやってみないとわかりません(p154)


■格差についても、
 民主党が社会主義的な政策を進めたことにより、 
 経済崩壊に向かっていたとしています。


 日本は努力した人がむくわれる社会。


 格差社会とは、努力の格差なのでしょう。


・「子ども手当」が所得に関係なく支給されます。
 そして夫婦別姓、配偶者控除の廃止、
 さらには高速道路(公共交通)の無料化。
 同じことをやった国が世界にひとつだけあるんですよね。
 ソビエト社会主義共和国連邦です。・・・
 そう見ると、亀井静香金融相がモラトリアムなんていう
 政策を掲げたことも理解できますね。・・・
 社会主義政策によって国の経済が崩壊していったことは
 ソ連が証明しているわけです(p147)


■「メディアも評論家もウソつきだらけ」
 というところが面白いですね。


 だれかが情報操作しているのでしょうか。


 山口さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・政府債務985兆円の中に、なぜか日本だけが短期債を入れて
 発表している。・・・普通の国は、政府保有財産の現在価値を
 差し引いて政府債務額を発表しているのですが、日本だけが
 それらを引かずにグロスの政府債務を出している(p42)


GDPの80%以上を内需が占める我が国においては、
 その内需を増やせばいい、ということです。
 その意味で消費増税は真逆の政策。(p51)


・シンガポールは日本をお手本にしてきたのです。
 「官僚組織を除いてね」とよく冗談を言われますが。
 そのシンガポール、法人税率は17%が最高。
 個人の所得税率は20%が最高
で相続税はありません(p184)


・日本のGDPに対する輸出依存度は本当に低く、
 G20でもアメリカ、ブラジルに続いて少ない方から3番目。
 製造業をすべてを合わせてもGDPの約17%(09年)(p40)


・人はだませ、だまされたほうが悪い。
 弱い者?弱いんだから、そいつにたかれ。
 そういう文化を持った国が世界にはいっぱいある
 ということを、皆さん、忘れないでください。
 そういう国と仕事をするんだったら、
 その覚悟でやってください(p76)


ぐっちーさん 日本経済ここだけの話
山口正洋
朝日新聞出版 (2013-07-05)
売り上げランキング: 24,412

【私の評価】★★★★☆(82点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

【目次】
第1章 メディアも評論家もウソつきだらけ
特別対談1アベノミクスとメディア陰謀論―池上彰×ぐっちー
第2章 「強い通貨」を持ってはいけない?
特別対談2通貨があんまり安くなるとまずいぞ―榊原英資×ぐっちー
第3章 日本の財政に増税は必要ない
第4章 アジア経済を読み解くコツ
特別対談3これから先、何に投資すればいいの? ―押切もえ×ぐっちー
第5章 日本企業が生き残る道
第6章 日本再生=地方再生 これが処方箋だ


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)