「親の入院・介護が必要になったときに読む本」豊田 眞弓

|

親の入院・介護が必要になったときに読む本

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■80歳で要介護・支援の比率はおよそ30%。
 突然、親の介護が必要となる前に、
 準備しておくことがあるはず。


 まずは、最悪を想定して、
 親が倒れたらどうなるのか、
 シミュレーションすることが
 大事です。


・親が倒れた場合、状況的に許されるなら
 駆けつけるのが一番です・・・
 親が倒れたときのシミュレーションをしておこう(p21)


■とはいえ、親が健康なうちに、
 こうした話をするのは気まずいもの。
 きっかけがなければ、
 難しいでしょう。


 そういう意味では、
 こうした本を読みながら、
 一緒に考えるというのが良いのかも。


 できれば、親がこうした本を読んで、
 エンディングシートを
 書いてもらうとありがたい。


・自分に合った人生の幕引きを考える
 「エンディングシート」を作成しておくといいでしょう
 ・・・尊厳死を希望するか・・・
 臓器提供や献体の希望の有無、
 葬儀について希望があるのかどうか(p214)


■就活ならぬ「終活」という言葉があるらしい。
 これからは「終活」コンサルタントが
 必要な時代なのかもしれません。


 豊田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・健康なうちに、親の民間保険の加入状況を確認しましょう。
 医療保障やガン保障、その他に「指定代理人」が
 設定されていない場合は、設定しておくようにしましょう(p44)


・親を介護する際に重要なのは、
 家族・親族・関わりのあるすべての人が、
 介護について話し合うことです・・・
 中心となる人(キーバーソン)を決め、
 介護チームを作りましょう(p62)


親の入院・介護が必要になったときに読む本
豊田 眞弓
日本実業出版社
売り上げランキング: 48726

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■目次

第1章 親が倒れて入院!?さあどうする?
第2章 これだけは知っておきたい医療保健制度
第3章 親が要介護状態に!さあどうする?
第4章 知っておきたい公的介護保険制度のツボ
第5章 介護施設への入所を考える
第6章 知っておきたい"ケア"のスキル
第7章 遠距離介護のポイント
第8章 親が倒れる前にやっておく10のこと


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)