本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「天才たちの値段―美術探偵・神永美有」門井 慶喜

(2011年12月17日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

天才たちの値段―美術探偵・神永美有 (文春文庫)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■週末ということで、
 美術を切り口にした小説にしました。


 美術大学の講師と
 美術品を一目で真贋鑑定できる天才が、
 真贋鑑定で知り合います。


 講師は論理派。
 天才は感覚派。


 本物を見ると
 口の中が甘くなるというのが
 嘘っぽいのですが。


 この本の面白さは、
 二人が真贋鑑定する過程で、
 こんな美術品の見方があるんだな、
 とわかることです。


・この掟やぶりの絵にそれほど打ち込む人間を
 見てみたいだけ。
 美術はおもしろいが、それ以上におもしろいのは
 人間なのだ。(p138)


■同じ絵画でも、
 歴史や背景を知るだけで、
 そこに感じるところが
 変わってくる。


 なんの知識もなく眺めるだけの
 楽しみ方もありますが、
 徹底的に調べて学んで楽しむという
 美術の姿もあるんですね。


 美術品の真贋鑑定を
 推理小説仕立てにしたのは、
 おもしろいし、
 美術の勉強のための本として
 シリーズ化すると面白いかも
 しれません。


 門井さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・親不孝は親不孝として、
 書物を愛する人間に悪い人間はいない(p29)


・「どれくらいうれしい?」
 「レンブラントの闇より深く」
 「ムンクの叫びより激しく、か。(p237)


天才たちの値段―美術探偵・神永美有 (文春文庫)
門井 慶喜
文藝春秋
売り上げランキング: 149885

【私の評価】★★★☆☆(76点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: