本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界でいちばん小さな三つ星料理店」奥田 透

(2010年9月21日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でいちばん小さな三つ星料理店


【私の評価】★★★★★(95点)


■「ミシュランガイド東京」で三つ星となった
 日本料理店「小十」のオーナー奥田さんの
 一冊です。


 奥田さんの人生は、
 やっぱり一生懸命


 できなければ、できるまで練習する。
 怒られれば、怒られないようにする。
 分からなければ、調べる。


 そうやって、一歩一歩、
 料理人として学び、
 成長していく姿が印象的でした。


・私はたしかに不器用でしたが、だからといって「できないこと」で自分を責めたことは一度たりともありませんでした。一回でできなければ十回、十回でできなければ百回、百回でできなければ千回(p66)


■一番驚いたのは、銀座に店を出した当初は、
 お客が全く来ないために、
 自殺まで考えたということ。


 いくら実力があっても、
 集客ができなければ
 商売は成り立たない。


 銀座のママさんに支えられながら、 
 雑誌や情報誌に取り上げられるようになって、
 やっとお店を軌道にのせることができました。


・「銀座で一番になりなさいね。銀座で一番っていうことはどういうことだかわかってる?世界で一番だっていうことなのよ・・・頑張りなさいよ」(p181)


■一歩、一歩、上を目指す奥田さんに、
 感動してしまいました。


 次に東京に行ったときには「小十」で食べたい
 と思いました。
 (予約は取れないでしょうが・・)

 
 奥田さん、良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「できないことを、できることに変えていく」それを心がけているうちに、「できないこと」ができるようになる楽しさを知ることになります。(p68)


・やるべき仕事をいま目の前にある「面倒」と見るか、将来のための「勉強」と見るかでその成果は大きく違ってきます(p70)


・よく「実はオレも若いときはこんなことをやりたかったんだ」という言葉を口にする人を見かけますが、ちょっと酷な言い方をすると「やりたかった、やりたかった」という人は、結局「やらなかった人」なのではないかと思うのです。(p163)


・仕事を取るか、家庭を取るか。それまでの私の頭のなかには、その問いすら存在しませんでしたが、最近では、家庭のこともよく考えるようになりました。不思議なもので、そうするようになってから仕事の面でもいいことが起きるようになるのです(p239)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(95点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: