本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「みとめの3原則 - 人間関係にも業績アップにも効く「1日たったひと言」の仕事術」木戸 一敏

2010/07/17本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

みとめの3原則 - 人間関係にも業績アップにも効く「1日たったひと言」の仕事術


【私の評価】★★★☆☆(76点)


内容と感想

■木戸さんは、自分の成功体験から、
 「人をみとめる」ということの
 大切さを発見しました。


 営業マンのときは、
 お客を「みとめる」だけで
 トップ営業マン。


 社長のときは、
 従業員を「みとめる」だけで
 業績が回復しました。


 認めるというのは
 相手の自尊心を高めてあげる
 ということなのでしょう。


・相手の言うことをただ「みとめる」だけで、自分でも驚くほど話がスムーズに行くようになり、わずか3週間で売れる営業マンの仲間入り(p24)


■相手の話を「そうですよね。
 言っていることはわかりますよ」
 と一旦、受けとめる。


 それから同じ立場に立って、
 話を進めていくということです。
 それがないと「この人は人の話を聞かない」
 ということで不満を相手に与えてしまう。


 しかし、これを実際にやってみて
 相手の話を最後まで真摯に聞くことは
 実際にはなかなか難しいことだと思います。


・なるほど!人間関係も「まずは『受けとめる』」というカタから入ることで、気持ちも入ってくるようになるんですね(p83)


■この人、変だなっと思っても、
 「そうですよね・・・わかりますよ」と
 言えるかどうかは一つの修行でしょう。


 うまく自分の習慣としたいものです。
 木戸さん良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・自分自身を「みとめ」られない人は、人を「みとめる」ことはできません(p91)


・以前でしたら、「不快な出来事→怒る・イライラ」でしたが、現在では、「不快な出来事→日記に書くネタ→否定から肯定に変換」といった図式に変わりました(p125)


・「ワケわかんない!」思わずこんな言葉が口から出そうになったとき、またはそう思ったときは、心の中で「ありがとう」を10回言ってみましょう(p161)



【私の評価】★★★☆☆(76点)



著者紹介

 木戸 一敏(きど かずとし)・・・1962年生まれ。営業マンから住宅リフォーム会社を設立。モエル株式会社代表取締役。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: