本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本人という生き方」小田島 裕一

(2010年4月 2日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人という生き方

【私の評価】★★★★☆(86点)


■ウガンダで2年間、野球指導を通じて
 日本精神をウガンダの生徒に教えてきた
 小田島さんの一冊です。


 ウガンダに日本精神を
 伝えることができるのか、
 その答えがこの本にあります。


・教育哲学者の森信三先生が提唱された再建の三大原理、
 「時を守り、場を清め、礼を正す」・・・
 これをウガンダ選手に徹底的に守らせた。(p45)


■ウガンダ・セントノア高校での指導方法は、
 朝5時から読書、
 6時から校内を清掃し、
 7時からの授業を待つのです。


 朝5時から読書とは、
 日本でやっている高校は
 ないでしょうね。


・選手にも読ませている「7つの習慣」や
 「モハメドアリ」「ナポレオンヒル」の本・・・
 日本では簡単に手に入るこれらの本も、
 ウガンダでは貴重であり、高価である(p107)


■ウガンダでは、時間を守らない、
 約束を守らない、ゴミはそこらに捨てる、
 といった世界です。


 そうしたウガンダで日本流の
 教育は可能なのでしょうか。


 何度も何度も怒り、説明し、
 思いをぶつけながら、
 少しずつ選手は変わっていたようです。


・志の伝達こそが教育なのだ。
 「セントノアの選手から、
 将来の大統領になる人間を育てたい」
 アーロンに、私の思いを伝えた。(p180)


■小田島さんはウガンダで
 日本的教育をしているといいますが、
 日本人こそが日本人の良さを失っていっている
 ように感じました。


 挨拶、時間厳守、整理整頓、姿勢を正すなど
 日本人こそできていないことも
 多いと思います。


 将来、ウガンダに日本精神を
 習う時が来るのかもしれません。


 小田島さん、よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「日本一の教師になる」・・・
 日本一の指導者がいれば会いに行き、
 日本一を目指す学校があれば訪れた。
 日本一を志した瞬間、
 日本一が私の基準になった(p28)


・大きな夢を持った瞬間、
 人は「人間」になるのである。(p158)


・ウガンダでは、人は弱ると死ぬ。
 特に子供に関しては、
 5人に1人は5歳までに死んでしまう。
 生命力のある子どもしか生き残れない。
 自然淘汰される。だから、
 生きている子供は誰もが輝いている(p242)


・日本の生まれただけで奇跡であり、
 日本は世界一夢を叶えることができる国である。
 夢は、どこか遠くにあるものではない。
 自分の足元を深く掘り下げていけば、
 見つかるものである(p286)


日本人という生き方
小田島 裕一
エイチエス
売り上げランキング: 18772
おすすめ度の平均: 4.5
5 究極のモチベーション〜それは日本人であること〜
4 ウガンダ人を通して日本の良さを再確認する

【私の評価】★★★★☆(86点)



■著者紹介・・・小田島 裕一(おだじま ゆういち)

 1968年生まれ。
 札幌市立中学校教師として15年間勤務。
 「人の育成」に尽力。
 2006年にJICA青年海外協力隊員として
 アフリカのウガンダ共和国へ行く。
 2008年より(有)ゴーアヘッドジャパン取締役。
 野球塾、各種講座の講師として活躍。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: