本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「スモールイズビューティフル」E.F.シューマッハ

(2009年7月 1日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学 (講談社学術文庫)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■1970年代にエネルギー危機を指摘した
 イギリス経済学者の一冊です。


 あまりに今を適切に予測しており、
 こういうものを学問というのだな、と
 納得しました。


■シューマッハが指摘するのは、
 石炭、石油、ウランはいずれ枯渇するという
 当たり前の事実です。


 枯渇すればエネルギーの価格が上昇し、
 そのエネルギーを買えるのは
 お金を持った国、または軍事力を持った国
 ということになります。


  ・富んだ国が経済成長を続けるから燃料への需要は厖大にふくらみ、
   その結果、貧しい国が冨と教育と工業技術と資本蓄積の力を手に
   入れて、化石燃料に代わる燃料を大規模に使えるようになるより
   はるか以前に、世界の安く使いやすい燃料は高価で稀少なものに
   なってしまうだろう(p36)


■この本では、木材や水力といった
 再生可能エネルギーを推奨するとともに、
 大量生産大量消費から節約と節制の社会を
 提唱しています。


 昨今のバイオマスを中心とした再生可能エネルギーの
 開発の動き、省エネルギーの推進などを見ると、
 やっとこの本が予測した時代が近づいてきたのでしょう。


  ・石炭、石油のような再生不能の燃料と、薪や水力のような
   再生可能な燃料との間には、本質的な違いがあるのであって、
   この違いはけっして無視できない。
   再生不能財は、やむをえない場合に限って使うべきもので、
   その場合でも、それを保全するために
   最善の注意と細心の配慮を払わなければならない。(p78)


■再度、じっくり読みたくなる一冊でした。


 古い本ですので、今の状況とシューマッハの予測とを
 比較しながら読むとおもしろいと思います。
 本の評価としては、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・近い将来深刻なエネルギー不足が
   起こりうることを指摘した人たちの議論は、
   反論されるのではなく、
   嘲笑されるか無視された(p164)


  ・過去と現在の経験は例外なく、
   基本的な資源を供給するのは自然ではなく人間であること、
   経済開発の決定要素は人間の精神であるということを
   教えている(p100)


  ・貧乏人や不満分子には、性急に金持ちに戦いを挑んだりすると、
   将来自分たちにも金の卵を産んでくれるはずのガチョウを、
   かえって殺すことになる、と教えればよい。
   一方、金持ちには、利口になってときどき貧乏人を助けること、
   そうすればますます金持ちになる、と教えればよい。(p31)


▼引用は、この本からです。

スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学 (講談社学術文庫)
E.F. シューマッハー
講談社
売り上げランキング: 27318
おすすめ度の平均: 5.0
5 そろそろ原点回帰の時がきた。
5 倫理の無い発展なんて・・・
5 『ドイツ的質実』
5 経済活動のバイブルとして
5 これを読まずに"エコ"は語れない!!

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■著者紹介・・・E.F.シューマッハ

 1911年ドイツ生まれの経済学者。
 戦後、英国に帰化。英国石炭公社顧問として
 早くから石油危機を予言。
 1977年没。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: