人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「江原啓之のスピリチュアル人生相談室」江原 啓之

2008/02/22公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

江原啓之のスピリチュアル人生相談室 (中公文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■数多くのスピリチュアル関係の本を出版している
 江原さんの一冊です。


 この本では、江原さんが子どものころから、
 いかに霊的なものと係わってきたかが
 書かれてあるのが特徴です。


・私は人が発する「オーラ」が、
 子どものころから
 当たり前のように視えていました。(p20)


■スピリチュアル(霊)といっても、
 その内容は成功哲学と変わりません。


 それでもスピリチュアルだから素直にその教えに
 耳を傾けたくなるのです。


・この世はたましいを鍛えるためのジム。
 人生の諸問題はトレーニング・マシーンであり、
 たましいを鍛えるために必要な負荷なのです。(p65)


■スピリチュアルの内容としては標準的に良いものでした。
 江原さんの生い立ちが興味深かった。


 ★3つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ヒントとなるのは、自分がどんなトラブルによく遭うか、
 どんなマイナス感情によく陥るかです。・・・
 その気持ちが学びの出発点となるのです。・・・
 トラブルを他人や環境のせいにばかりしている人にも
 進歩はありません。(p180)


・「波長の法則」とは、自分の心のあり方が、
 同じ波長を持った人や出来事との出会いを
 招いているということ。(p69)


・世の中というところは、何も考えていない、
 能天気で鈍感な人のほうが、
 のうのうと楽しく生きていけるのです。
 ものごとに敏感な人ほど、何かにつけて
 深く哲学的に思い悩んでしまう。・・・
 切り替えのカギとなるのは「人は人。自分は自分」
 という割り切りです。(p241)


▼引用は、この本からです。
江原啓之のスピリチュアル人生相談室 (中公文庫)
江原 啓之
中央公論新社
売り上げランキング: 314265

【私の評価】★★★☆☆(74点)



■著者紹介・・・江原 啓之(えはら ひろゆき)

 1964年生まれ。大学で神道を学び、北澤八幡神社に奉職。
 89年にスペリチュアリズム研究所を設立。英国で学んだ
 スピリチュアリズムを取り入れ、カウンセリングを行なう。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: