本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「私が一番受けたいココロの授業」上田情報ビジネス専門学校

(2007年6月 8日)|

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分

【私の評価】★★★★☆(89点)


●専門学校の「就職対策授業」の
 内容をまとめた一冊です。


 就職対策?


 そういわれないと、
 就職を目指す学生のための授業とわからないほど、
 内容は「成功法則」の基礎となっています。


●まず、内容が素晴らしい。


 「あいさつ」から始まり、
 本田宗一郎、ディズニーランドの例から
 仕事の大切さを理解させる。


 そして、「ありがとう、感謝します」といった
 良い言葉を使うことの大切さで
 最後を締めくくります。


 ・「感謝します」の使い方・・・
  これも、使い方にちょっとコツがあるんです。
  「まだ、そういうことが起こっていなくても
  "感謝します"って言うと、それが現実になるのよ」
  ・・・っておばあさんが言うんですね。(p132)


●私の持論は、義務教育でこそ、
 成功法則を学ぶべきということです。


 あいさつ、感謝、掃除、よい言葉を使う、
 自分を認める、目的を持つ、紙に書く、
 声に出す、メンターを持つ・・・


 その基本が、この授業にあるのです。


 ・3つの約束・・・
 「あいさつ、そうじ、素直」(p3)


●こうした本がほしかった。
 こうした授業が受けたかった。
 公立学校ですべての学生が
 こういう授業を受けるべきなのだ。


 そう確信して★4つとしました。
 ちょっと感動した一冊でした。


 この本は、こちら↓から申し込むことで
 無料でいただくことができます。(無料、ありえません!)
http://www.uejobi.ac.jp/

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ウエジョビのそうじは、
  すべて学生と職員の手で
  行われています。(p63)


 ・松陰先生、こんなことを言ったそうですよ。
  「朝起きたら、玄関の掃除、鳥のエサくれ、布団干し・・・
  そういうことを真剣にやりなさい・・・
  それをやっていたら、
  いつか自分の役割が必ずわかる。」(p84)


▼引用は、この本からです。

私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分
比田井 和孝 比田井 美恵
ごま書房
売り上げランキング: 2168
おすすめ度の平均: 4.5
5 最適の入門書。
5 素晴らしい
5 本当の『幸せ』の意味が分かりました。
5 本当の教育だと思う。
5 読者を幸せにする本

【私の評価】★★★★☆



■著者紹介・・・比田井 和孝

 1969年生まれ。大学卒業後、
 1996年上田情報ビジネス専門学校公務員科教師。
 2004年就職課にて、「就職対策授業」(本書の内容)をはじめる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: