本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「日本人はなぜ日本を愛せないのか」鈴木孝夫

(2006年12月14日)|

日本人はなぜ日本を愛せないのか (新潮選書)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


●どこの国の人でも歴史を学ぶと思いますが、
 日本ほど、誇りを持って歴史を学ぶことのできる国は
 ないのではないでしょうか。


 単一国家として1000年以上の脈々とつながる歴史を持ち、
 国民のレベルが高く、治安も良い。


 さらに、先の大戦で焼け野原になりながらも、たった半世紀で
 日本はGDP世界二位の経済大国となりました。


●明治維新においても、
 短期間に世界の凶暴なヨーロッパ諸国と対等に
 渡り合える国家に変貌しています。


 (そのために叩きつぶされましたが・・・)


 ・「黄色いチビ猿」と軽蔑していた日本人が、開国するや短時日の
  あいだに急速に力をつけて、当時ヨーロッパ最大最強の軍事大国
  ロシアを日露戦争で(辛くも)打ち破るという予想もしなかった
  強さを見せると、今度は欧米各国が手を結んで日本の膨張を抑え
  にかかったのが二十世紀前半のアジアの動乱なのです。(p134)


●この本では、そうした素晴らしい国家が、
 なぜ、自信なく謝り続けているのか。


 なぜ、多額の経済援助を行いながら、感謝されるどころか
 非難されなくてはならないのか、
 歴史・文化の面から分析しています。


 ・欧米人や中国人そして韓国朝鮮人をも含めたユーラシア文明に属する
  人々は、その時その時の都合で、前に自分たちがした醜いことなど
  すっかり棚に上げ、平然と相手を非難攻撃することをなんとも思わない
  ということです。(p141)


●確かに、マスコミを利用した戦勝国アメリカの占領政策、
 共産国家の浸透活動などいろいろな要素はあるのでしょうが、

 日本は悪い国だ、侵略をした国家などと教える時間と同じくらい、
 日本は素晴らしい国であると教えてほしいものです。


●そういった意味で、これからの世界で日本が何かを
 できるのではないかと思わせてくれる一冊でした。


 歴史、日本の文化を再度見直してみましょう。


 ・かつてローマ法王ヨハネ・パウロ二世が、あらゆる宗教の平和的
  共存を呼びかけた演説を行いましたが、日本人はそれに感心など
  する前に、自分たちの国日本はそれを口で言うだけでなく、とっくに
  実行していることを、自分たち自身がはっきりと自覚しなければ
  駄目です。(p114)


●自信と誇りを持って、日本史を学びたくなる一冊です。
 日本人として★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アラブの世界には
 「海の向こうから良いものが来たためしがない」
 といった意味の諺があります。
 ところが、日本人はまさにこれとは
 正反対の「良いものはいつも海の向こうから来る
 という外国観をもつことができたのです。(p32)


・よくキリスト教は特定の民族を超える普遍性を持った
 「愛の宗教」だなどと言われますが、
 本当にそうでしょうか。世界の歴史を調べてみると、
 キリスト教ほど神の名において人を殺し、
 異端者や異教徒と目される人間を残酷無比に扱った
 宗教はないと思います(p118)


・近世の十六世紀初頭から、ヨーロッパ諸国が
 競って突入したいわゆる大航海時代とは、
 その実態を良く見ると
 これはヨーロッパ人による残酷無比を極めた、
 非白人人種に対する世界規模の大侵略時代に
 他ならないのです。(p124)


▼引用は、この本からです。

日本人はなぜ日本を愛せないのか
鈴木 孝夫
新潮社
売り上げランキング: 116043
おすすめ度の平均: 4.5
4 日本人はもっと日本のことを誇っていい
4 日本人はウイーンで大阪弁をなぜ聞きたくないか?
5 愛国心は戦争賛美じゃない

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■著者紹介・・・鈴木孝夫(すずき たかお)

 1926年生まれ。慶応大学名誉教授。
 英語と日本人、日本人の外国語観などについて文化論を提起している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: