「マンガ嫌韓流」山野 車輪

|

マンガ嫌韓流

【私の評価】★★★★☆(87点)


●「日本は過去の罪を忘れるな!」と批判する国は、
 だいたい決まっていますね。
 中国と韓国です。


 でも、冷静に考えてみると、
 日本の教科書を批判しながら、
 自分は反日教育をする。


 日本の軍国主義の復活と批判しながら、
 自分は軍事力を強化する。


●言っていることと自分の行動が矛盾しているのですから、
 こういった批判は、単なる
 外交カードであることがわかります。


 それでも、反日教育を受けた人から
 歴史の議論を吹っかけられたら
 普通の日本人は頭がまっ白になってしまうでしょう。


 なぜなら、中国や韓国では、
 歪曲されているとはいえ歴史を学んでいますが、
 私を含めた日本人は反中、反韓教育を受けていないぶんだけ
 歴史に弱いのです。


●やはり、事前に歴史についてQ&Aを
 勉強しておいたほうがいいでしょう。


 まず、戦後補償で日本が
 個人補償をしないことについては・・・


・まず誤解してほしくないのは日本とドイツでは
 戦後処理の形式が違います。
 日本が国家賠償を多数の国に行っていることに対し、
 ドイツでは、東西に分裂していたため
 国家賠償ができず個人補償という方法を取ったのです。
 あなた達は、ドイツが国家補償をしていないことを
 隠して個人補償をしたことだけをことさらに取り上げ、
 事実の歪曲を行っています。


●強制連行については・・・


・強制連行で日本に連れてこられたわけじゃないんだ!!・・・
 在日のルーツは大別すると二つある。
 一つは日韓併合が行われた後、
 貧困層の人々が貧しい朝鮮から豊かな日本に
 移住しようと渡ってきたパターン・・・
 もう一つは朝鮮戦争のときに戦災を逃れて
 日本に密入国してきたパターン


●私も知らないことが沢山ありました。


 この本をきっかけにもう少し
 勉強する必要があると感じました。


 韓国人に会う前に読みましょう。


●中国関係については、こちらの本が参考になります。
中国人に会う前に読もう」泉 幸男、文芸企画
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


●以前から私は不思議に思っていたのは、
 戦前に日本領であった台湾と韓国で
 対日感情がこんなに違うのはなぜ?
 ということです。


 併合された国民の気持ちはわかりません。
 しかし、日本は西欧諸国のような植民地に対するような搾取ではなく、
 日本の一地方としてインフラ整備などに努力したはずです。


・日本はですね、韓国を併合して植民地ではなく
 日本の一地方としたからこそ、
 財政負担してまで朝鮮地方に近代化を施したんです・・・
 誰がそんなこと頼んだ!・・・
 一進会をはじめとする多くの革新派の朝鮮人達よ


●でも、私はあえて
 中国と韓国の反日を推進する人たちに
 感謝したいと思います。


 彼らのおかげで日本人がさらに
 団結できるような気がするからです。
 ありがとうございます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ワシは短い期間とはいえ(朝鮮)総督府に勤めておったのに
 誰も話を聞こうとせん。新聞やテレビを観ておると
 当時の朝鮮のこと知らない人間がデタラメばかり言っておる・・・
 一緒に朝鮮を近代化しようと頑張ってきたのに


・左翼は在日という都合のいい材料を見つけた。
 強制連行や従軍慰安婦などを捏造して、
 反日・反政府活動の材料として在日を
 徹底的に利用したんだ。
 彼らはマッチポンプ的に事件をでっち上げるんだ


・韓国は剣道だけでなく空手も柔道も合気道も寿司も盆栽も錦鯉も
 折り紙もソメイヨシノもサムライもその他色々なものを
 韓国が起源だと捏造しているんだ!!


・特に注意しなければならないのが、
 朝日、日経、毎日、NHKである。
 特に、朝日、毎日は反日メディアと言ってもいい。
 日本のためになる情報を伝えず、韓国、北朝鮮、
 中国の立場に立った報道が多いのが現状である。


マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流
posted with amazlet at 10.05.17
山野 車輪
晋遊舎
売り上げランキング: 6346
おすすめ度の平均: 4.5
1 ヽ('ー`)ノ
5 恐ろしい韓民族
5 読んでヨカッタ
5 まさに正論
5 こんな民族性を持ったやつらに食い荒らされてます 国税が

【私の評価】★★★★☆(87点)


●著者紹介・・・山野 車輪

 漫画家。2チャンネルで盛り上がっている嫌韓ネタを見て、独自に研究。
 この本が初ヒットらしい。(安全のため身元は明らかになっていません)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)