本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ミュータント・メッセージ」マルロ・モーガン

(2005年7月18日)|

ミュータント・メッセージ (角川文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


●オーストラリアには、
 アボリジニという原住民がいます。


 アボリジニの人々はアメリカのインディアンのように、
 土地を奪われ、人種差別を受け、
 その文化は危機に瀕しています。


●この本は、白人女性である著者が、
 砂漠を歩くアボリジニと四か月もの間、
 生活をともにした記録です。


 はじめのうちは、足の裏が傷だらけになり、
 ハエにまとわりつかれ、
 砂漠で用を足すことになります。


・不快なものを理解する代わりに排除しようとするなら
 人間は存在しえない。
 蠅がきたら降伏するだけだよ。
 あなたもそろそろそうしてもいいころだ。(p87)


●しかし、彼女はアボリジニと一緒に旅する間に、
 彼らが砂漠で生き残る知恵、
 人間的成長を称える知恵、
 自然と一体化する知恵を持っていることに
 気づきます。


・一年を通して、仲間のひとりが特別な才能を発揮したり
 精神的に成長したり部族に貢献したときは祝うが、
 各人の誕生日を祝う習慣はない。
 年をとることを祝わず、
 人が向上したときに祝うのだ。(p165)


●私はこのような原住民の文化についての
 本を読むと悩みます。


 確かに彼らの文化、考え方は精神的に高度であり、
 学ぶべきものがあるのです。


・私の父はよくこう言ったものだ。
 「人は会社のためにはたらくんじゃない、
 人のためにはたらくんだよ」。
 私は奥地の部族の族長の言動に、
 大企業の社長と同じ人徳を見いだすことができた(p85)


●しかし、どうしてその優秀な文化をもった民族が
 土地を奪われたのか、
 その精神文化が世界に広まらないのか、
 ということです。


 日本も素晴らしい精神文化を持っていると思っていますので、
 同じ轍を踏まないようちゃんと学びたいものです。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「年をとることを祝わないとしたら、
 なにを祝うの?」私は言った。
 「よくなることに」という答えが返ってきた。
 「去年より今年のほうがさらに賢くていい人間になったら、
 それを祝うんだ(p98)


・ある種の動物が絶滅しつつあると私が言ったとき、
 彼らにこうきかれた。
 ミュータント(現代人)はひとつの種の動物が絶えるごとに
 人類が終わりに近づくことに気づいているのか、と(p123)


・ひとつになるっていうことは、
 みんなが同じになるという意味じゃない。
 人はみんなユニークなんだ。
 同じ場所を共有する人はふたりといない。
 葉を完成するにはすべての部分が必要なのと同じように、
 それぞれの魂も特別な場所を持っている(p149)


ミュータント・メッセージ
マルロ モーガン Marlo Morgan 小沢 瑞穂
角川書店 (1999/04)
おすすめ度の平均: 3.81
5 英知の高み
5 バカンスそのもの、って本です。
4 ときどき ふっと節目のようによむ本

【私の評価】★★★☆☆(71点)


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: