「あたりまえのアダムス」ロバート・アップデグラフ

|

あたりまえのアダムス

【私の評価】★★★☆☆(75点)


●この本は1916年に書かれた
 アダムス青年の成功物語です。


 夜間大学に通うアダムスは、
 広告業界に興味を持ち、
 広告会社に自分を売り込みに行きます。


 ・『私は広告業界に入りたいと、そして
  あなたの下で働きたいと決心しました。
  だから、あなたに会って、そう話すのが
  あたりまえだと思ったのです。』(p24)


●そして、その熱心さから採用され、
 初仕事では改善提案をします。


 ・アダムスは、新聞や雑誌の切り抜きと
  ファイリングの仕事を一か月やったところで、
  上司に仕事のやり方を変えるよう進言した(p26)


●仕事に慣れた頃、大きなプロジェクトが
 舞い込みました。


 残念ながら担当にはなれませんでしたが、
 アダムスは勉強のために自分が担当になった
 つもりで案をつくってみることにします。


 はたして、そのプロジェクトが難航します。
 そこでアダムスが自分の案を
 提案すると幸運にも採用され、
 仕事は大きな成果を出すのです。


●私にはアダムスが松下幸之助とダブって見えました。


 松下の場合は、丁稚奉公していた
 松下は電気の仕事がしたくなり
 電灯会社に志願します。


 しかし、なかなか採用されず、
 四ヶ月もアルバイトをしながら
 待っていたそうです。


 そして、採用されると懸命に仕事に取り組み、
 短期間に昇進します。
 

●松下はその後、電球ソケットの改良を提案し、
 アダムスとは反対に上司に却下されたことで
 会社を辞め、松下電器を創業するのです。


 アダムスと松下幸之助は、熱心さ、創意工夫、
 提案することなど、
 類似点が多いと思いませんか。


 仕事のコツを分かりやすく伝えてくれる
 素晴らしい一冊ですが、個人的には
 松下幸之助の著作をお奨めします。


 安いですし、内容は10倍です。


社員心得帖 」松下幸之助、PHP研究所
(評価:★★★★★)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・メニューの裏に線を引き、
  熱心に何事か書き込みをする。(p14)


 ・彼は他人の言う『事実』に惑わされない。
  ただ物事を正面から見据え、
  それから分析する。(p46)


あたりまえのアダムス
ロバート・アップデグラフ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 159,859

【私の評価】★★★☆☆(75点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)