「ピーターの法則 創造的無能のすすめ 」ローレンス・ピーター、レイモンド・ハル

|

ピーターの法則 創造的無能のすすめ

【私の評価】★★★☆☆(79点)


●私が「ピーターの法則」を知ったのは
 30歳くらいのときでしょうか。


 少し会社の組織が分かりかけたときで、
 「なるほどね」と納得したものです。


 ・「ピーターの法則」階層社会では、
  すべての人は昇進を重ね、
  おのおのの無能レベルに到達する(p26)


 ・仕事は、まだ無能レベルに達していない者によって
  行われている。(p28)


●確かに組織のなかで生きていると、
 有能な人はバリバリ仕事をして出世するわけですが、
 そうした人が必ずしも出世した後に、
 今までどおり良い仕事をしているか?
 といえば、そうでもないのです。


●そういう人にとっては
 実は出世しないほうが幸せだったわけです。


 ・その先で無能レベルが口を開けて待っているというのに、
  頂上有能者は決まってこう言います。
  「もうこの仕事には刺激がない」(p126)


●それなら、無能な人を出世させれば、
 仕事のじゃまがいなくなっていいかといえば、
 無気力な人ならいいのですが、
 無能なのに権限を振りかざす人もいるわけで、
 ますます迷惑することもあります。


●このように階層組織の人事は、
 ケースバイケースで答えが違うということになりますが、
 そうしたなかで、いかに無能レベルの人を減らし、
 活力ある組織にするかというのが
 人事の難しさなのでしょう。


●33年ぶりの新訳「ピーターの法則」となる本書は、
 組織学の基本です。


 ついでに、クスッと笑えるので組織で
 働く人間として押さえておきたい
 一冊だと思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ピラミッドの下半分では、身分境界線があるおかげで、
  多くの人々が無能レベルまで昇進することはありません。
  (支配階級のある組織)(p92)


 ・昇進の話を持ちかけられないように工夫する・・・
  創造的無能(p182)


ピーターの法則
ピーターの法則
posted with amazlet on 05.12.12
ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也
ダイヤモンド社 (2003/12/12)
売り上げランキング: 22,707
おすすめ度の平均: 3.64
4 死んでから有名になる、するとピーターの法則外になる
4 おぉ、こわ。
5 a MUST-READ. not just for management

【私の評価】★★★☆☆(79点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)