「君ならできる」小出義雄

|

君ならできる (幻冬舎文庫)

【私の評価】★★★★★(91点)


彼女には、「おまえは一番になれる。絶対になれる。
世界一になれる」と、毎日のようにいいつづけた。
彼女の姿に何か光るものが見えたのだ。


●「君ならできる!」と
 言ってくれる人がいると、
 うれしいものです。


 本来、それは親であったり、
 先生であったりするのでしょうが、
 現実には反対のことをする人もいます。


 そのような場合には、
 自分で自分を励まさなくてはなりません。
 「オレはできる!」と。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私が褒めるという意味は、
 あくまで本当のことをいってあげるということだ。
 つまり、本心を伝えるのである。


・勝負の世界で個人を尊重するとは、
 その人が持っている能力を尊重することだ。
 すなわち、自分の力だけでは引き出せないでいる可能性を、
 何とかして引き出してあげることである。
 自主性だけで能力を伸ばそうとしても、
 自ずと限界がある。


・牛乳を飲む人より、
 牛乳を配る人のほうがよっぽど丈夫だ。
 栄養剤だ、精力剤だと片っ端から飲むよりも、
 ちゃんとご飯を食べて
 適度なジョギングでもやったほうがいい。


・教員の中には、勉強ができないからと
 生徒を馬鹿にするような人もいた。
 私は、その教員に向かって、
 はっきりといってやった。
 「先生というのは、勉強を教えるのは当たり前だが、
 それよりもっと大事なことがあるんじゃないですか。
 『生きる力』を教えるってことですよ。
 それが本当はいちばん大事なんじゃないですか」


・夢を持つことが大事なのだ。
 夢があれば強くなれる。


●高橋尚子選手が金メダルを取った
 2000年シドニーオリンピック前に書かれた本ですが、
 すでに小出監督はレース展開を正確に予言しています。


 35キロで独走すると。
 これは偶然ではなく、
 それだけの準備と練習をしているからです。


●小出マジックといわれるものは、
 「日本一の監督になる」という夢を持ちながら、
 40年間、努力と工夫をしてきた結果に
 過ぎないということがわかりました。


 感動しました。ぜひ、読んでみて下さい。


君ならできる (幻冬舎文庫)
小出 義雄
幻冬舎
売り上げランキング: 465238
おすすめ度の平均: 4.0
4 アテネを楽しむ

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png




メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)