「神さまとのおしゃべり」さとう みつろう

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■自己啓発ブロガーから、
 サラリーマンを辞め
 各地でトークショーを開催している
 さとう みつろうさんの一冊です。


 さとうさんが伝えたいのは、
 私たちはすでに幸せである、
 ということ。


 生きているだけで、
 ありがたいですからね。


・この街で人間たちは
 悩んでいるのかもしれないが、
 結局はみんな、幸せなんじゃ・・・
 誰もが死ぬ瞬間には気づけるよ(p139)


■面白いところは、
 「困難」があるから
 人生、楽しいというところ。


 「不足」があるから、
 人は努力ができる。


 お金と暇があり余り、
 なんでも願いがかなってしまうのは、
 実は地獄なのです。


・願いが叶ってしまう世界を
 リアルに想像してみましょう・・
 その世界は、楽しいでしょうか?・・
 目の前の現実にある、
 「不足」に感謝してみてください(p198)


■社会人として生きるには、
 少し行き過ぎのところもありますが、
 視点を変えるところが大事ですね。


 小手先のテクニックではなく
 精神世界的な一冊でした。


 さとうさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「幸せになりたい」と言う人は、
 「私は幸せじゃない」と
 信じている(p178)


・「信じることは全てが現実となる」
 とだけ覚えておきなさい(p51)


・嫌なことを想像せす、
 「それならどうしたいのか?
 と自分に聞くクセをつけなさい(p159)


・お前の悩みを相談してごらん。
 きっとその人も言うじゃろう。
 「え?そんなどうでもいい悩みで
 あんた悩んでるの?」ってな(p410)


おりこうさんなんて目指さんでよい
 心を、いつでも外に発露するのじゃ。
 どんな感情でもじゃ。(p417)


神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-
さとう みつろう
ワニブックス
売り上げランキング: 1,826

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

1時限目 準備体操―「現実」とはなにか?
2時限目 実践編―思い通りに現実を変える、12の方法
3時限目 お金の授業―簡単にお金持ちになる方法
4時限目 人間関係の授業―私があなたで、あなたが私
5時限目 まとめの授業―この世の仕組みと真の幸せについて
6時限目 特別授業―ミソカモウデに行こう



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む