「夏田冬蔵―新米杜氏の酒造り日記」森谷 康市

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

夏田冬蔵―新米杜氏の酒造り日記

【私の評価】★★★★☆(89点)


■夏田冬蔵(なつたふゆぞう)
 という酒がある。


 この酒は、20年前に出版された
 今日の本「夏田冬蔵」を記念して
 酒造りの基本に戻って造られた酒。


 いったい20年前に
 何があったのでしょうか。


・「天の戸」では旧式の二つの機械で
 二日かかって搾っている・・
 「いい酒さえ造っていれば・・」
 これが社長の口癖である(p113)


■当時、秋田の酒蔵「天の戸」では
 吟醸酒を作っていませんでした。


 吟醸酒は高価な酒米を使い、
 手間もかかるのです。


 ところが、酒の消費量が減り、
 ブランドのない酒蔵は
 淘汰される時代になった。


 杜氏が辞め、若くして
 杜氏のような立場になった著者は
 吟醸酒を作ることに
 なってしまったのです。


 教科書を読み、指導員の助言をもらいながら
 機械化されていない小さな酒蔵で
 しろうとがはじめて作った吟醸酒は、
 "吟醸"とは言えないものでした。


・清酒鑑評会というコンクールは
 純然たる目隠しテストである。・・
 それまでの実績でシードされることもないし、
 もちろん蔵の規模も関係ない(p82)


■吟醸酒を造りはじめて三年目。


 「天の戸」の吟醸酒が、
 全国清酒鑑評会で
 金賞を取りました。


 機械化されていない
 小さな酒蔵での酒造りが
 いかに厳しいのか
 よくわかりました。


 そして著者の
 吟醸酒への熱い思いも。


 森谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・吟醸酒では、十度以下という、
 生かさず殺さずという極限状態で管理する
 のだから、酵母もたまったものじゃない。
 酵母も人の子、いや、生き物だから嘆き苦しむ。
 ストレスが溜る。つまり、タンクという湖の
 中に溜まった酵母の青色吐息というストレスが
 香りの成分ということになる(p88)


・AK-1酵母(のちに秋田流花酵母と命名)・・
 「Aは(麹室が)暑いのA,Kは(仕事が)きついのK,
 1は(吟醸酒造りでいくら頑張っても
 給料が上がるわけでもないから)
 一文にもならないの1」と言って、
 すてばちな気持ちをみんなで
 笑いにまぎらしていた(p129)


・朝六時から仕事を始めて、夜、麹の
 切り返しを終わって家につくのは八時を過ぎる。
 毎日がその繰り返しである。・・・
 しかも、一カ月の手取りの賃金が多く思えるのは
 日曜も休まずに働いているから・・(p133)


・技術的にツーカーであると同時に、
 ひと冬寝食を共にする家族同様の
 生活のできるメンバーでなければならない(p150)


・農業の機械化は重労働からの解放だと
 生意気にも思う・・
 ただ一つだけ気にかかることがあった。
 じいちゃんは裸足で田圃に入る・・
 私などには気づかないことを
 素足で感じるのだ(p154)


夏田冬蔵―新米杜氏の酒造り日記
森谷 康市
無明舎出版
売り上げランキング: 74,044

【私の評価】★★★★☆(89点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 酒屋若勢になる
第2章 なんにも知らなかった
第3章 住み込み釜屋一年生
第4章 いとしの吟醸酒
第5章 藤田杜氏とラッセル車
第6章 迷走吟醸造り
第7章 米研ぎ唄が聴こえる
第8章 酒米はアンチ山田錦で
第9章 三人娘たちの酒
第10章 蔵人と裏ラベル



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む