「最強の成功哲学書 世界史」神野 正史

| このエントリーをはてなブックマークに追加

最強の成功哲学書 世界史

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■過去の歴史から、成功哲学を
 学ぼうという一冊です。


 ナポレオン、ハンニバル、
 古代ギリシャ、東ローマ帝国、
 劉備、上杉謙信、・・
 に学びます。


 成功への道は人それぞれですが、
 失敗のほうはパターン化できそうに
 感じました。


・なりふり構わず、
 逆らう者は皆殺し・・
 強固に見える「壁」も
 意外に脆い(p71)


■これだけ成功哲学が
 体系化されているのに、
 なぜ、成功する人とそうでない人に
 分かれてしまうのか。


 それは、成功哲学を
 知っているとしても、
 それを実行するまでに
 大きな壁があるからでしょう。


 その難しさは、
 私たちも先人の英雄も
 同じように感じるようです。


・言うは易し、行うは難し。
 さほどに「戦力集中」を
 実践するのは難しい
(p234)


■先人もぎりぎりの中で、
 勝利を手にしてきたことが
 わかりました。


 ひとたび諦めたり、
 手を抜いたりすれば、
 没落する。


 神野さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・チャンスが来てから
 あわてて努力を始めたのでは
 遅い(p35)


・窮地に陥ったとき、
 大きな災難に襲われたとき・・
 対策を考えるよりも
 何よりも先にするべきことが
 「腹をくくる」ことです(p69)


・危機と好機は同じ形をしている(p170)


・理解したものは、
 必ず行動となって顕れる・・
 「知行合一」(p420)


・「かっこよく勝つ」・・などと
 考えてはいけません。
 今やれること、今持てる力、
 やれることを出し惜しみせず
 全力を尽くす!(p256)


・周りの人の「妬み」「怖れ」をいかに抑制するか。
 優れた才能も、使い方を一歩間違えれば
 我が身を亡ぼす「諸刃の剣」となってしまう(p360)


・雑木(欠点)だからといってむやみに
 それを切り倒してしまうと、
 山の斜面を支えていた根(利点)まで
 枯れてしまい、山崩れなどの
 大災害を招くことになりかねません(p354)


・ローマは、カルタゴに対して、
 莫大な賠償金と「交戦権の剥奪」という
 過酷な条件を科します・・
 カルタゴに理不尽な要求をふっかけて
 亡ぼす口実を探すだけです(p131)


最強の成功哲学書 世界史
神野 正史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2,979

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 逆境は飛躍の糧
第2章 天は自ら助く者を助く
第3章 百戦百勝は善の善なる者に非ず
第4章 戦術と戦略を見極めよ
第5章 最大の危機こそ好機
第6章 方針貫徹か、転換か
第7章 常勝の秘訣は戦力集中
第8章 小出し遅出しは兵法の愚
第9章 小さな躓きは神の助言
第10章 囲む師は必ず闕く
第11章 押さば引け、引かば押せ
第12章 能ある鷹は爪隠せ
第13章 才ある者に任せよ
第14章 死中に活あり
第15章 学びて思わざれば即ち罔し



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)