本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「アイデアにセンスはいらない」梶 淳

2021/06/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイデアにセンスはいらない」梶 淳


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

■どらえもん、クレホンしんちゃん、
 仮面ライダーシリーズなどに関わってきた
 辣腕プロデューサーが教えるアイデアの
 作り方です。


 著者の場合はキャラクター番組担当
 ですので、例えば番組リニューアルを
 考えてみましょう。


 長い歴史のある番組をリニューアル
 するということは重大な決定です。
 あなたなら、どうやって企画を
 考えるでしょうか。


 著者はまず、誰に、何を伝えるのか?
 変えてはいけないものは何か?
 ということを考え続けました。


 そのために過去の作品を読んだり、
 作家の別の作品を見たりします。


 そのうえで、関係者と雑談の中で
 「何を伝えるのか」というテーマを 
 掘り下げるのです。


 例えば、ドラえもんのリニューアルなら
 「国民的アニメの国民って誰なんでしょうね、
 という雑談をするわけです。


・国民って誰なんでしょうね・・・向かい合っている相手は常に1人(p45)

■ある程度、アイデアが出てきたら、
 次はアイデアをより具体的に
 組み立てていきます。


 頭の中でイメージして、
 その商品が顧客から見て
 魅力的かどうか考えてみる。


 アイデアのパーツの材料を
 入れ替えてみる。


 商品の魅力は何か、
 物語性があるのか
 アピールポイントを考えます。


 最後は、製造・流通・販売の
 コストカットを考えたり、
 販促でブランドを使ったり、
 エコでPRするなど多面的な
 見せ方を考えるのです。


・アイデアを組み立てる・・・イメージする・・必要なパーツだけ選ぶ・・アピールポイント・・コストカットを検討・・多面的に見せる(p101)

■会社という組織の中では、
 アニメの企画だけでもこれだけ
 考えているのだなと、感心しました。


 それだけ考えていなければ、
 上層部を説得することができず、
 企画が通らないのでしょう。


 実はアイデアというものは
 単純でシンプルなものかもしれませんが、
 それを組織内の多くの人に理解され、
 納得してもらうためにも
 多面的な考察と文書化が必要なのでしょう。


 梶(かじ)さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・アイデアのゴールとは・・・「欲望」が生む人の感情・・・アイデアは、喜怒哀楽につながっています(p26)


・「仮面ライダー」・・・ラフスケッチを息子に見せて選ばせ、それがバッタモチーフだったとか、宮崎駿監督は、よく遊びに来ていた幼い女の子を対象に「千と千尋の神隠し」をつくり上げた(p61)


・そのアイデアは「新しいか?」「面白いか?」「珍しいか?」(p119)


・「より便利になった新製品」は次々にライバルが生まれるので、なかなか出合えない「初めて美味野菜」を目指すべきなのです(p122)


・子どもアクセル8:大人ブレーキ2のハンドリング・・・タブーの「キワキワ」を攻めることがポイント(p123)


・アイデアが対立したとします・・・自分が納得できる「Bに寄せたAのアイデア」と「Aに寄せたBのアイデア」を・・・相手にどちらかを選んでもらうのです(p130)


・優れたアイデアの企画書は、とても「美味しそう」に見える・・・割烹料理「お品書き」のよう(p144)


・アイデアを口コミで広げていくときのコツは、「認知」の拡散よりも「幸せ」の拡散」(p154)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「アイデアにセンスはいらない」梶 淳
梶 淳、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(80点)


目次

序 章 なぜ経験を積むほどアイデアは出なくなるのか
第1章 思いつく
 アイデアは半径3メートル以内で発見できる
第2章 組み立てる
 当てる法則はないが、外さない法則はある
第3章 確かめる
 アイデアを効率よく診断する
第4章 伝える
 アイデアは伝え方で完成する
第5章 継続する
 長く愛されるものはアイデアに秘密がある


著者紹介

 梶 淳(かじ あつし)・・・1967年大阪府生まれ。1989年テレビ朝日入社後、2年目から若くしてキャラクター番組プロデュースデビュー。2005年「ドラえもん」リニューアルのほか、30作以上のアニメ特撮番組および映画作品を手掛ける。「クレヨンしんちゃん」「あたしンち」「平成仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」「機動新世紀ガンダムX」など、国民的キャラクター作品を主に担当。現在はコンテンツビジネス局でキャラクター作品のマルチユース戦略部署に所属。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: