本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「姿勢をよくすると、人生がきらめく!」佃 隆

2021/05/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「姿勢をよくすると、人生がきらめく!」佃 隆


【私の評価】★★★☆☆(74点)


内容と感想

 この本を読んで、大相撲の中継で溜(たまり)席に姿勢の良い女性がいたことを思い出しました。たかが姿勢。されど姿勢。良い姿勢で注目されることもあれば、悪い姿勢によって病気になることもあるのです。
 この本では「姿勢シャッキーン」とか「武士のポーズ」とか「見上げてごらん姿勢リセット」とか「肩甲骨グリグル体操」など面白い名前の体操を教えてもらえます。


・姿勢シャキーン・・・イスに浅く腰掛けます・・・手のひらを天井に向け、肘を後ろに引き、腰にカーブをつくり、手をおろします(p88)


 確かに本書の体操をしてみると、血行がよくなるためか鼻詰まりが改善されたり、体が軽くなったように感じます。パソコンに向かって背筋を伸ばしてみると、気分が高揚したように感じて胃腸の動きが活発になったような感覚もあります。猫背よりは背筋を伸ばしたほうが見栄えもいいし、健康にもよい。あとは常に姿勢を良くすることを意識することが続くのか、ということなのでしょう。


・姿勢が悪くなると・・・神経の流れが悪くなる・・・体液の流れも悪くなる・・・疲れやすくなる、疲れや病気や怪我の回復が遅くなる、やせずらくなる(p50)


 良い姿勢とは誰もがわかっているのに誰もがやれているわけではない現代の盲点だと思いました。体操にしても誰でも運動したほうが良いことはわかっているのに、それを継続し習慣化するのが難しい。だからこそこうした本に価値があるし、専門家のマッサージにも需要があるし、何十万円というライザップも成り立つということなのでしょう。佃さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・身体が痛いというのも身体からのSOSであり、なんとかしてくれという身体からの切なる声です(p29)


・姿勢が悪くなる原因・・・身体的・物理的ストレス・・・「精神的ストレス」「化学物質ストレス」「環境ストレス」(p42)


・5秒ぐらいかけて頭を後ろに向けていき・・・次に頭の角度を戻しますが・・・頭の重さが一番軽いと感じる位置で止める・・・「見上げてごらん姿勢リセット」(p16)


・「武士のポーズ」・・・イスに浅く腰掛ける・・・ここから手を開いた状態で、人差し指、中指、薬指、小指はくっつけて、親指をほかの4本指と45度に開きます・・・手をひっくり返して親指は下に向け、親指と人差し指の間を股間節と太ももの間に当てます(p89)


・五十肩の方向けの体操ナチュラルアームアップ・・・肘を曲げて、両手の指先を肩に当てます。肘は・・胸の前に向けます。それから両腕を肩の真上に上げます・・・手のひらは後ろに向けます(p101)


・マッサージ・・・指名し続ける方に出会うためには、少なくとも10人以上「テイスティング」を重ねる必要があります(p130)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「姿勢をよくすると、人生がきらめく!」佃 隆
佃 隆、廣済堂出版


【私の評価】★★★☆☆(74点)



目次

第1章 姿勢をよくするだけで、あなたの人生は劇的に変わります!
第2章 正しい姿勢のために知っておきたい「サブラクセーション」の基礎知識
第3章 姿勢を整える最強メソッド!すぐにできる簡単エクササイズ集
第4章 プロしか知らない「姿勢の裏ワザ」大公開!


著者紹介

 佃隆(つくだ たかし)・・・1977年生まれ。三重県津市出身。三重県私立高田学苑卒業。国際基督教大学/ICU(教養学部国際関係学科)卒業。オーストラリア公立マードック大学(健康科学学部カイロプラクティック学科)卒業。首都大学東京大学院(都市科学研究科)修士課程中途退学。姿勢の専門家として、健康、美容、礼法の観点から姿勢矯正の方法を通じて、人生がきらめく方法を伝えている


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: