本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「平澤興一日一言 (生きるとは燃えることなり)」平澤 興

(2016年7月 5日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

平澤興一日一言 (生きるとは燃えることなり)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


■平澤興(ひらさわ・こう)さんとは、
 昭和の医学博士であり、
 京都大学の総長を務めた人です。


 教育者でもあり、
 人を育てる要諦が多い印象。


 人の能力を引き出すには、
 やはり人の興味のあるところに
 注力するとよいらしい。


・いかように、可能性を引き出すかということについては、これは、本人に、興味を持たせること、面白いと思わせることが第一だろうと思います(p16)


■努力する、
 よい習慣を作る、
 燃えて生きる。


 自分の生まれ持った
 才能を引き出すために
 日々鍛錬する。


 こうした成功のコツを
 毎日実践し
 ニコニコ生きていれば、
 良い結果がうまれそうですね。


・たえず毎日がよい習慣をつくるその場だと思います(p19)


■もう少し平澤さんが、
 どんな人だったのか
 知りたくなりました。


 平澤さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・生きるとは
 燃ゆることなり
 いざやいざ
 進まんこの道
 わが燃ゆる道(p4)


・マイナスのない人生はそれだけ幅がせまく、マイナスに打ち勝ちさえすれば、むしろマイナスが大きければ大きい程、プラスの大きさもますます大きくなる(p14)


・できない子というのは、自分の持っている能力をいかに伸ばすかということを知らない子供でありますが、最も大切なことは、そういう子供に劣等感を与えないということであります(p16)


・努力することの本当の意味は人に勝つということではなく、天から与えられた能力をどこまで発揮させるかにある(p24)


・人生をはなれた修養はない。また仕事をはなれて人生はない(p92)


・教育の基本は、第一はあくまで誉めること。第二はできるまでやらせること。第三は、自分もそれを実行すること(p146)


・グラッドストンは、事を始める前は徹底的に準備をし、これ以上の準備ができないくらいまでに努力をし、あとは天にまかせるちうような安らかさで、こわさを忘れて事に当たった(p99)


・ロマン・ロランは、「英雄とは、自分のできることしかしない。凡人とは、できることもしないで、できないようなことを、ただ望んでおるだけである(p39)


・ニュートンもその研究の秘訣を尋ねられた時、「私はいつも私の注意を一つの問題に集中したからです」と答えた(p167)


平澤興一日一言 (生きるとは燃えることなり)
平澤興一日一言 (生きるとは燃えることなり)
posted with Amazonアソシエイト at 16.07.04
平澤興
致知出版社 (2016-06-30)
売り上げランキング: 3,225


【私の評価】★★★☆☆(78点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

Chapter1 時間とお金、どっちが大事?
Chapter2 付け入る「スキ」を見つける時間管理術
Chapter3 定時で帰って給料を上げる方法1時間を制限する
Chapter4 定時で帰って給料を上げる方法2時間をずらす
Chapter5 定時で帰って給料を上げる方法3スピードを加速させる
Chapter6 残業せずに給料が上がる人になる8つの習慣


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: