本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「奇跡のみかん農園 けっして妥協しない零細農家のすごい仕事の話」谷井 康人

2016/05/19本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡のみかん農園 けっして妥協しない零細農家のすごい仕事の話


【私の評価】★★★★★(95点)


内容と感想

 和歌山県有田郡の谷井農園は、生絞りのみかんジュース720mlを1620円で販売しています。毎年、一部お断りするほどのみかんの注文が来ます。


 これらは30年かけて、商品を開発し、顧客を開発し、販売システムを開発した結果なのです。


・農協や市場に頼らずに、「個人通販」で、みかんを消費者のもとへ届ける(p2)


 まず、最初にやったのは、おいしいみかん、ジュースを作ることです。農薬を使わない。きちんと剪定する。木に合わせて肥料を変える。7割の売れないみかんは、ジュースにします。


 特殊な高額ミキサーを購入する。風味を失わない熱殺菌を開発する。25リットルの小ロット生産をする。すべてが試行錯誤です。


・試行錯誤をしていく過程で、周囲の強い反発を受けることもあります。・・「社長、それは遠回りちゃいますか」「そんなめんどくさいこと、よう手伝いません」「やるんだったら、勝手にやってください」(p57)


 人のやらないことをやると、社員からの反発もあります。それでも谷井さんは、試行錯誤を続けました。表紙の谷井さんの笑顔が輝いています。


 その大変さと、30年のすごみがありましたので、★5つとします。谷井さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・国から助成されるとなると、補助金目当ての農家が増えます。そういう農家は自立できず、補助金が出なくなると、つぶれてしまいます(p7)


傷は、「美味しいみかんの花」を見つけたハチが、蜜を吸いにきた時につけたもの。まさに、美味しさの証拠です。・・・傷がついたみかんは市場では売れません(p17)


・かりんのジュースにも風邪予防効果があり、寒い時期に飲むと、咳が止まります。ゆずや、かぼすの仲間であるじゃばらのジュースは、花粉症に効果てきめんです(p21)


・まずは自分でやってみて納得しないと、次には進めない・・失敗してもいいじゃないですか。そこから、また学べばいいのです。失敗は、絶対にその後に活きてくるんです(p58)


・雲の上の頂上に登りなさい。雲の上の頂上に登ると、下界からは見えない他の雲の上の山頂が見える(永田照喜治)(p88)


・「20代で、1000万円は食べなさい」・・「食べたら、プロに負けない舌ができる。まずは食べることだよ」(美木剛シェフ)(p98)


・若い時は、お金の貯金をするより、お金を経験に変えて、「経験」という貯金をしたほうがいい・・(p100)


・個人通販を始める時、自分の周囲の方々以外では、全国の上場企業の役員や著名人の方々にDMを送ることにしました・・当時はまだ合法だったのです(p112)


・いい空気を作り、場を清めるには、見えないホコリをとる必要があります。そのために、「ふきそうじ」が重要です(p137)


・経験を積んでいる最中に、悩むのはいいことだと思います。悩むことは内へ向かうこと、そして心を磨くことです。うんと悩めばいい(p192)


奇跡のみかん農園 けっして妥協しない零細農家のすごい仕事の話
谷井 康人
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 49,255


【私の評価】★★★★★(95点)



目次

1章 「自然」に任せよ!
2章 目の前のものを磨いていけば、大きく成長する
3章 掃除で「よい物事」を循環させる
4章 自然が僕に教えてくれたこと 人は神なり、神は人なり


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: