「人もお金も流れ込んでくる集客術 ファンクラブのつくり方」中村 悦子

| コメント(0) |

人もお金も流れ込んでくる集客術 ファンクラブのつくり方

【私の評価】★★★★☆(81点)


■宝塚の娘のファンクラブを運営していた著者が教える
 ファンクラブ運営のノウハウです。


 ファンクラブは、
 ファンが運営費を払ってくれる
 サービス会社のようなもの。


 ボランティアではなく、
 ちゃんとした営利団体なのです。


 タレントもうれしいし、
 ファンも嬉しいし、
 運営者も儲けることができる、
 理想の会社かもしれませんね。


・組織構造を設計する・・・
  ・ファンクラブの名前
  ・クレド
  ・規約
  ・会費
  ・メインの収入源
  ・エンディング商品(p142)


■まず、どうやってファンを集めるのか。


 最初は、関係者で名刺を出し合って、
 見込み客リストを作ります。


 その見込み客リストに情報提供し、
 ファンを集めていきます。


 立ちあがりはゆっくりですが、
 1人のファンができると
 急速に立ち上がるそうです。


 一人ひとりを大切にするということですね。


・1人の熱烈なファンができると、
 すぐに50人ほどが集まり、
 その人たちをキチンとフォローしていくと、
 100人くらいになります(p161)


■そういえば読書普及協会は、
 読書のファンクラブのようなものでしょう。


 私も速攻で入会して、
 寄附や広告の形で資金提供を続けています。


 ファンを集めるだけで
 商売になるのだなあ~。


 中村さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スター本人が自分のファンクラブを
 つくらない・運営しない(p53)


・最低限、顔と名前は覚えておこう(p68)


・ライバルは徹底研究!・・・・
  ・ライバルのブログ・HPは必ず、隅々まで目を通す
  ・失敗している人、成功している人、両方を見る(p99)


・人の心を動かし、行動に移させるには、
 感動を起こす「物語」が必要なのです(p129)


・ただ1点、忘れてはならないのは、
 1人目のファンのことを決して
 忘れないことです(p161)


・ファンクラブをつくる時は、その中心となる人や、
 事務局の持っている名刺をリスト化し、
 想定顧客リストをつくります(p171)


・顧客データやお客様カルテ、
 お客様情報こそが、本当の「ファン」をつくる上で
 重要なポイントとなります(p172)


・私は、エクセルでお客様のデータをつくっていました。
  ・何枚チケットを買ってくださったか?(席種も)
  ・イベントに来てくださったか?
  ・差し入れをくださったか?(何をいくつ)
  ・ファンをご紹介くださったか?(p179)


・無料のメルマガで告知→
 無料のセミナー→
 5000円のセミナー→
 5万円のグループコンサルティング→
 10万円の個人コンサルティング(p150)


人もお金も流れ込んでくる集客術 ファンクラブのつくり方
中村 悦子
すばる舎
売り上げランキング: 9,314

【私の評価】★★★★☆(81点)


■目次

第1部 ファンクラブのイ・ロ・ハ
 第1章ファンクラブから生まれる5つのいいこと
 第2章ファンクラブの掟7ヵ条
第2部 ファンクラブをつくろう!
 第3章ファンクラブのゴールを考える
 第4章ブランディング
 第5章ターゲットを絞る
 第6章ストーリーを考える
 第7章組織構造を設計する
第3部 ファンクラブ始動後のあれこれ
 第8章ファンを集めよう
 第9章ファン対応


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)