「ごきげんな人は10年長生きできる」坪田 一男

|

ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門 (文春新書 851)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■私は、人間というものは、口に入れるものと、
 頭に入れるもので作られていると思います。


 この本では、
 頭の中に幸福を入れると長生きしますよ
 という調査結果が出たとのこと。


 幸せな人は、
 寿命が10年くらい長いのだそうです。


・「幸せな人は、幸せでない人に比べ、14%も寿命が長い」・・
 先進国に限った研究では「幸せな人は7.5~10年も寿命が長い
 ことが示されている。(p9)


■幸せとお金の関係はどうでしょうか。


 確かにお金があったほうが幸せな人は多い。


 ただし、その幸福度の上昇率は、
 年収600万円からはそれほど伸びないそうです。


 億万長者は、億万倍幸せというわけではないのです。


・アメリカ人45万人対象とした調査で、
 年収が多ければ多いほど「生活評価」は高まるものの、
 「幸福度」は年収7万5000ドル=日本円にして約600万円
 (1ドル80円換算)で頭打ち
になることがわかった(p12)


■何事もデータで確認してみると
 説得力があります。


 著者は、

幸せは、選択するもの
 仕事も人生も、ごきげんだからうまくいく(p22)

 と言っています。


 まったくそのとおりですね。


 坪田さん
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お金を使ったとしても、モノではなく経験や将来への投資
 お金を使えば幸福度が上がり、幸福度がその後も
 長期間持続することもわかっている(p126)


・80年代にアメリカで100万人規模を対象にした調査では、 
 一日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人の
 死亡率がもっとも低く、それ以上でも、それ以下でも
 寿命は短くなる傾向があることがわかっている(p198)


・十数年前からは
 「毎月一人、会いたい人に会いに行くミッション」
 を自らに課し、実行している(p133)


・「明日の朝ランニングをする」と決めたのなら、
 その夜のうちにランニングウエア一式を枕元に置いておく。
 「明日の朝、ダンベルで筋力トレをする」と決めたのなら、
 枕元にダンベルを置いておく。ただこれだけだ。(p184)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

はじめに 「幸せ」がサイエンスになった!
第1章 幸せとは何だろう?
第2章 幸せな人は長生きする-Happy People Live Longer
第3章 科学が解き明かした幸せの法則
第4章 実践!幸せになる方法1 心のエクササイズ
第5章 実践!幸せになる方法2 食事のテクニック
第6章 実践!幸せになる方法3 運動のテクニック


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)