「パワー・クエスチョン」アンドリュー・ソーベル、ジェロルド・パナス

| コメント(0) |

パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術

【私の評価】★★★★★(93点)


■「質問」というものは、
 仕事のコミュニケーションにおいて
 非常に重要なものです。


 「質問」とは、
 相手に考えさせること。


 そして、「質問」とは、
 相手の意見を聞くことなのです。


どういう質問をするか、そして、こちらの話に 
 どれだけ熱心に耳を傾けるかで、
 その人間の経験と洞察力がわかる。
 それだけのことだ。(p7)


■本書の冒頭にある著者の失敗例が、
 「質問」の本質をうまく伝えてくれると思います。


 著者はお客様へのプレゼンで

 「まず御社のことを教えてもらえませんか?」

 と質問されました。

 著者は、必死に30分も説明し続けたのです。


 もちろんプレゼンは失敗しました。


 1年後、著者は上司のプレゼンに同行しました。

 お客様は同じように

 「まず御社のことを教えてもらえませんか?」

 と質問しました。

 上司は、少し考えて、

 「弊社のどんな点に興味をお持ちですか?

 と質問し返したのです。


・「まず御社のことを教えてもらえませんか?」
 デウィットはちょっと考え込んだ。そして、顔をあげて問い返した。
 「弊社のどんな点に興味をお持ちですか?」
 そう言って、あとは黙っていた。(p14)


■「質問」には、指示、命令よりも強力な
 人を動かす力があります。


 「質問」によって、
 人に大事な点を思い出させ、
 大事な点に気づかせることができるのです。


 大事な点に気づけば、
 あとは人は自発的に判断して動く、
 というわけです。


・「御社のミッションと目標を確認させていただけますか?」
 「これはあなたの価値観や信念と矛盾しないでしょうか?」(p37)


■著者がアメリカ人ということで、
 日本でそのまま活用するのはどうかな、
 という項目もありました。


 しかし、
 それを割り引いても十分価値のある一冊でしょう。


 ソーベルさん、パナスさん
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「これが君にできるベストなのか?」
 スティーブ・ジョブズ(p70)


・「その体験でいちばん心に残っているのはなんですか?
 「○○(人間、信頼、人間性、原動力、計画など)について
  なにを学びましたか?」(p112)


・「最初の半年でいちばん力をいれたのはなんですか?」、
 あるいは
 「この仕事について長期的な計画を立てられましたか?」(p90)


・自分の計画ばかり話してはいけない。
 相手のために計画を立てて、それを押しつけるのもよくない。
 まず、こう訊こう。
 「あなたの計画を話してくれませんか?」(p157)


・王子に助言するときは、ご本人が忘れていたことを
 思い出していただくという形をとる
ようにして、
 王子に見えない光を指摘してはいけない
 ハルタサール・グラシアン(p102)


・相手に仕事(あるいは人生)をじっくり
 考えてもらいたいときには、こう訊くといい。
 「今の仕事のなににもっと時間を充てたいと思いますか?
 逆に、かける時間を減らしたいと思うことはなんですか?」(p122)


・「あと三年しか生きられないとわかったら、
  あなたはどうしますか?
」(p223)


・「紙を配りますから、一時間以内に自分の死亡記事を書いてください。
 地元の新聞に載せるための生前の略歴です。
 どんな記事にしたいですか?どんな人生を描きたいですか?(p134)


パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術
アンドリュー・ソーベル ジェロルド・パナス
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 537

【私の評価】★★★★★(93点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

1 いい質問は安易な答えに勝る
2 どん底に落ちたくなかったら穴を掘るな
3 四語
4 売り込みがうまくいかないとき
5 ミッションは重要なのではない。すべてだ
6 洞窟から抜け出す
7 初めから始める
8 やり直す
9 理由がわかれば克服できないものはない
10秘密
11これはあなたにできるベストですか?


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)