本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ECHOES -木霊-」辻 仁成

(2011年11月12日)|

ECHOES -木霊-

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■著者のことはまったく知りませんでしたが、
 ミュージシャンで小説家。


 奥さんが中山美穂というほうが
 分かりやすいのかもしれません。


 この本では、
 著者の硬膜下血腫からはじまります。


 脳に血がたまり、
 麻痺が出たのです。


・不意に麻痺が起こり、死というものを
 意識した私は生まれてはじめて、
 自分が生かされていたことに気が付くことが出来た。
 いや、気付かされた?(p199)


■本来はパリに戻る予定が、
 頭部動脈瘤の手術をした母親が心配で、
 九州に向かい、飛行機の中で発症。


 九州での緊急手術の執刀医は、
 偶然にも母親の主治医でした。


 予定どおりパリに帰っていたら・・・
 母親が救ってくれたのか??
 それとも偶然?


・白装束を纏った囚われの肉体の内側に、
 その時、予期せず不意に感謝の念が起きたのである。・・・
 まさかここで感謝をすることになるなどとは
 想像だにしなかった。(p16)


■その他にも、
 トンボが寂聴さんの居場所を教えてくれたり、
 祖父の三十三回忌に芥川賞を受賞したり、
 比叡山で大師の霊に出会ったり、
 不思議な話が出てきます。
 著者は感じやすいタイプなのでしょうか。


 最後には、
 世の中の不思議な縁と感謝に
 落ち着くようです。


 辻さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あらゆる人生の出来事、物事、めぐりあわせは、
 この因と縁のそれぞれの働きによって、
 生まれる(p25)


・何か目に見えない力によって招かれているのが分かる。
 私はそういう時、抗わないようにしている。
 むしろ、流れる川に身を任せるのである(p159)


・新しい仕事は躊躇わずにやってみる、
 で、向かないと思ったら二度と手を出さない、
 というのが表現者である私の指針である(p125)


・南無阿弥陀仏を教えたのは私の両親、そして妻であった。
 この六文字は阿弥陀仏に帰依するという意味である。
 浄土宗では、阿弥陀仏による救済を願って唱える言葉(p43)


・「煩悩あれば菩提あり」という仏教の教えがある。
 これは「迷いがあるからこそ、
 逆に悟りを開くことも出来るのだ」
 という意味だそうである(p198)


・バカンスに出ない者は人間じゃないというような
 風潮まであり、怠けるのとは違うが、楽しく生きる
 (休む)ために働いている、のがフランス人なのである。
 このフランス人的人生観を理解しつつも、
 私はまだ真似ができないでいる。(p214)


・「心内にあれば色外にあらわる」という言葉がある。
 心の中で思っていることは自然と顔色や動作にでる、
 というものである。
 人間は頭よりも心に支配されている証拠であろう(p233)


ECHOES -木霊-
辻 仁成
幻冬舎
売り上げランキング: 8998

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: