本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「朝礼・スピーチの「つかみ」話材」安宅 仁

(2009年3月25日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材

【私の評価】★★★★☆(82点)


■講演会を5000回企画した著者が教える
 スピーチで使えそうな
 「つかみ」のネタ56連発です。


 やはり、講演は
 「つかみ」が大切だとのこと。


 「つかみ」のコツは、
 「へー、知らなかった」という自然の法則から、
 私たちが何を学ぶことができるか
 話してみることのようです。


・金魚は水槽の大きさに合わせて成長する(p30)


■たとえば、スズムシは
 最初は羽根が4枚なのですが、
 キレイな音をたてるために、
 2枚の羽根を捨ててしまいます。


 ここで「へ~」と思わせる。


 そして、「やはり、私たちも優先すべきことのために、 
 何を捨てるか、考えてみなくてはなりませんね」と
 締めるのです。


・スズムシは成虫になりたてのときは
 翅が4枚あるが、
 途中で自ら2枚の翅を捨ててしまう(p44)


■やはりスピーチにはコツがあるし、
 事前の準備も必要なのだと思いました。


 人前で話す機会のある人は参考になると思いますので、
 お薦めします。★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ムササビはなぜ飛べると思ったのだろう(p16)


・「今日、通勤途中の電車で、
 女子高生の会話を聞いていたら、
 目からウロコが落ちましたよ~」なんて切り口で、
 少し仕事と絡めたつかみネタにすると、
 とても柔軟な印象になります(p102)


・植物は、撫でて刺激を与えると茎が太くなるのだ・・・
 また、植物は話しかけることで成長が早まる
 という説もある。(p140)


▼引用は、この本からです。

プロ講師が使っている 朝礼・スピーチの「つかみ」話材
安宅 仁
日本実業出版社
売り上げランキング: 99918
おすすめ度の平均: 3.5
3 習慣になるまで関連づけして覚える
3 半分半分
5 講師でなくてもおもしろい

【私の評価】★★★★☆(82点)


■著者紹介・・・安宅 仁(あたぎ じん)

 1966年生まれ。プロ講師育成コンサルタント。
 5000件を超える講演会を企画。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: