本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「説得の科学―何が人の心を動かすのか」安本 美典

(2005年7月21日)|

説得の科学 何が人の心を動かすのか (PHP文庫)

【私の評価】★★★★★(90点)


●世の中には、「悪は栄える」
 「イヤなやつほど出世する」ということが
 よくあります。


 例えば、ひどくいい加減な人間でも
 ヒモとして女性に貢がせることが
 うまい人がいるかと思えば、
 人間的にまじめでも女性の前にくると
 モジモジしてうまくいかない人もいるでしょう。


●どうして、こういうことがあるのかというと、
 ヒモは悪意から技術を使っているのに対し、
 よい人は善意から技術を使おうとはしないからです。


 上の女性への対応の例でいえば、
 冷たく叱るような状況をわざと作っておきながら、
 しばらくして実は君のためを思って厳しいことを言ったの
 だよと優しくするのも一つの技術として知られています。


●つまり、ヒモは生活がかかっていますから、
 必死に技術を学び、それを活用するのですが、
 よい人はそれができないのです。


 ・マルチ商法まがいの方法による商品の販売説明会に、
  さそわれて出席した。
  つぎつぎに、人がまえに立って話をする。
  「十日で、百万円もうけた」・・・
  会場は、しだいに、もりあがっていく。・・・
  一種の集団催眠にかかったようなものである。(p126)


●この本は、「説得」悪く言うと
 洗脳の技術をまとめた一冊です。


 ですから、私は、ぜひ
 良い人に読んでいただきたい。


 そして、社会として良い方向に向かうように
 活用していただきたいのです。


 ・イメージを、何べんも何べんも思いうかべさせて、
  ある考え方、ある思想を、潜在意識にまで
  徹底的に植えつけることが可能である。・・・
  しかし、「この宗教から逃げだすと、あの世で地獄に行く」
  というイメージ教育になると、カルト的になる。(p45)


●実際には、悪意を持った人がよく学び、
 活用するのでしょう。


 が、それに負けてはいけない、
 そういう思いで読んでいただきたい
 危険な一冊です。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・洗脳を含めて、広い意味でのマインドコントロールは、
  一般的に、つぎの三つの手順をとる。
  (1)外部情報を遮断する。
  (2)一定情報を注入する。
  (3)生理的に不安定な状況におく。(p21)


 ・自分自身の努力では、酒をやめられなかった人が、
  新しくはいった人に、
  「酒をやめよう。酒は害毒があるから」と
  説明しているうちに、本人の
  酒がやめられるという現象がある。(p27)


 ・相手を説得するとき、その恥ずかしい部分をつく。
  「お前は、こういう恥ずかしいことをしただろう」と、
  繰りかえしつつく。すると、つつかれた人は、
  心理的に不安定になる。罪責感をもち、
  暗示や説得をうけやすくなる。(p33)


 ・極度な難行苦行を続けていると、目のまえに、
  まっ白な光が見えたり、身体全体が光で
  包まれたような感覚を覚えたり、
  なんともいえない恍惚感を味わうというようなことが起きる。・・・
  オウム真理教のばあいは、
  かなり無茶な難行苦行をさせている。(p36)


 ・「集団的暗示」は、もともとは、ナチスが使った。
  たくさんの人を集めてみんなに、一定の方向、
  ある思想などに、「賛成だ」と、意思表明させる。
  すると、みんなが、そちらの方向に歩きはじめる。(p125)


 ・ヒットラーは、『わが闘争』の中で述べている。
  「宣伝は、語るべき思想を少数にとどめて、
  それをうまずたゆくまでくり返すことが必要である。
  大衆はなん百ぺんとなくくり返さないと、
  もともと簡単な思想でも、
  覚え込まないものである」(p129)


 ・どんな人でも・・・心の中に、
  必ずある種の不安定感をもっている。・・
  自分の存在の意味は、しばしば、
  自分が属する集団から与えられる。(p132)


【私の評価】★★★★★(90点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: