「おカネの法則」大竹 愼一

|
おカネの法則
おカネの法則
posted with amazlet on 06.11.26
大竹 慎一
日本経営合理化協会出版局
売り上げランキング: 240615
おすすめ度の平均: 5.0
5 キャッシュフローの重要性
5 たいへん勉強になりました

【私の評価】★★★★☆(83点)


日本の経営者はもっと金利に敏感にならなければならない。
そして、金利によって、経営のスタイルを変えなければならない。

おカネの法則」 大竹 愼一


------------------------------------------------------------------

松下幸之助は、会社発展の秘訣を聞かれて
 「雨が降れば傘をさす」と言いましたが、
 財務にもこれはあてはまるようです。


●日本では景気が良くなってから
 設備投資して過剰設備になったり、

 不景気に投資しないで景気回復時に
 設備が不足するということがよく見られます。


 こういうことも、金利を考慮していれば、
 景気が良いときには金利が上るので
 借金による設備投資に慎重になりますし、
 不景気では金利が下がるので
 次のチャンスのための投資がしやすくなっているのです。


●金利が上れば投資を控える、売掛債務は減らしていく、
 売れない在庫は減らす、
 設備は極力キャッシュフロー内とし
 超えた分は長期の資金調達で対応する。


 当たり前のことなのですが、
 できていない企業が多いのではないでしょうか。


●この本で共感したところは次のとおりです。


・キャッシュフローの範囲内で、減価償却の数値を見ながら
 コツコツとコンスタントに設備投資をしていくというのが、
 企業の永続的な成長と発展を守るためには極めて重要な事である。


・私は借入れをおこす場合には「固定金利」よりも
 「変動金利」で借りた方が基本的にいいと考える。


・自分のポートフォリオの総額がいくらであるかを見る。
 つまり、個々の「投資商品×株数」の合計が総額になるわけで、
 その金額が大体どれぐらいになっているかを注意して見て、
 その総額を一定の範囲で持つようにコントロールするのである。


おカネの法則
おカネの法則
posted with amazlet on 06.11.26
大竹 慎一
日本経営合理化協会出版局
売り上げランキング: 240615
おすすめ度の平均: 5.0
5 キャッシュフローの重要性
5 たいへん勉強になりました

【私の評価】★★★★☆(83点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)