98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「石田淳」が付けられているもの

    「行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術 」石田 淳

    【私の評価】★★★★☆(89点) ■日本ではどうしても  「教えてもらおうなんてとんでもない。盗め」  という職場が多いのではないでしょうか。  欧米で使われている、  短期間で人を育てるための技術が「行動科学」。  日本の良いところは残しつつ、  良いところは学びたいものですね。 ・とるべき行動を具体的に表現する・・・  MORSの法則   Measured 計測できる   Observable 観察できる   Reliable 信頼できる   Specific 明確化されている(p72) ...


    「子どもの成績を伸ばす1日10分読書」石田 淳

    子どもの成績を伸ばす1日10分読書posted with amazlet at 11.05.29石田 淳 PHP研究所 売り上げランキング: 126630Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(73点) ■毎日10分の読書で、  子どもの成績を伸ばそう!  という一冊です。  シンプルですが、  大人でも10分読書をしている人が、  いったいどれくらいいるでしょうか。 ・読み聞かせは子どものボキャブラリーを増やし、  読解力や想像力を養います(p33) ■子どもも大人も同...


    「超!自分マネジメント整理術」石田 淳

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■仕事を効率的にこなす  テクニック集です。  私が気になったところは、  行動の測定です。  つまり、<前日、蒔いた成功の種>のように  目標へ到達するための行動リストを作り、  グラフ化していくというものです。   ・計測データをグラフ化する(p67) ■整理のところでは、  名刺をエクセルに入力しているところです。  実は私も入力していますが、  石田さんは社長ですので、  部下に依頼しています。(うらやましい) ■行動管理の本としては、  入門編として...


    「短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント」石田 淳

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■業績評価ではなく、  行動による評価を行うことで、人間は行動し、成果を出せる!  という一冊です。 ■実は、この手法は、本のソムリエも利用しています。  それは<前日、蒔いた成功の種>です。  つまり、自分の望ましい行動をチェックし、  その行動具合によって、自分を褒めてあげるわけです。  この本では、望ましい行動をしたら、  すぐに褒める、表彰することが大切と説明しています。  <前日、蒔いた成功の種>の1項目を1ポイントとして  一週間の累積ポイントによ...


    「続ける技術」石田 淳

    【私の評価】★★★★☆(80点) ■石田さんの継続する技術をまとめた一冊です。  内容としては、非常にシンプルで、  先人が言っていることとあまり変わりません。 ■まず、やりたい行動を決め、  いつ、どの程度やるかを具体的に決めます。  紙に書き出すのが、ベストです。  ・行動コミットメント(契約書)を作ろう・・・   ターゲット行動をいつ行うかを決めてください。   朝なのか、夜なのか、昼休みなのか。・・・(p120) ■次に、行動を起こしやすい環境を作ります。  まずは、やりやすい環境作り...


    「すごい「実行力」」石田 淳

    【私の評価】★★★★☆(86点) ■なりたい自分になるための行動を起こさせる  ( 技術 )を教えてくれる一冊です。  内容としては、よく知られている内容ですが、  シンプルに体系化してわかりやすくしているところが、  素晴らしいと思いました。 ■まずは目標設定、動機づけです。  お金が欲しいといった短絡的な目標よりも、  お金で車が買いたい、グアムに行きたいなど  より具体的なイメージできる目標を  掲げるのがポイントです。  できれば、  『人生を変えるような良い本を紹介する』  のような...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む