98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「北方謙三」が付けられているもの

    「破軍の星」北方 謙三

    破軍の星 (集英社文庫)posted with amazlet at 12.05.21北方 謙三 集英社 売り上げランキング: 165353Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★☆(82点) ■中学の歴史で学んだ南北朝時代。  南朝は後醍醐天皇。  北朝の足利尊氏。  この南朝を支えた北畠顕家(あきいえ)が、  この本の主人公です。  東北地方を武力により支配する陸奥守として  16歳で派遣されます。 ・十六歳である。青公家が、と心の底では思っている  諸将もいるであろう。...


    「楊家将〈下〉」北方 謙三

    楊家将〈下〉 (PHP文庫)posted with amazlet at 10.11.13北方 謙三 PHP研究所 売り上げランキング: 7389Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(79点) ■中国10世紀末の宋と遼との戦い。  強力な軍閥としての楊業と  その7人の息子たちによる  騎馬による戦いが秀逸。  戦争映画と中国の歴史書として  楽しみたい。 ━━━━━━━━━━━ ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・あまり兵糧で追いこむのは、  勝つために...


    「血涙(上・下)」北方 謙三

    血涙(上) (PHP文庫)posted with amazlet at 10.05.15北方 謙三 PHP研究所 売り上げランキング: 34327Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(76点) ■「楊家将」の続編です。  前回の宋の楊家と、遼の猛将 耶律休哥の戦いに続き、  楊家の七郎が記憶喪失となり遼軍に加わって  楊家同士で戦うこととなります。  軍事戦略の中に  家族の思いを加えて  仕立てたというものでしょうか。 ■軍というものは、政治上の道具でしかないのですが...


    「望郷の道(上)」北方 謙三

    望郷の道〈上〉posted with amazlet at 10.01.24北方 謙三 幻冬舎 売り上げランキング: 38214Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(93点) ■久しぶりに小説で  涙した一冊となりました。  北方謙三さんははずれが  ないですね。 ■明治の時代、船頭の男 正太は、  賭場の女将と出会い  婿養子として賭場の世界に入ります。  持って生まれた商才から  賭場を大きくしていく正太に  充実した毎日が続いていきます。  しかし、正太の成功を ...


    「楊家将(上)」北方 謙三

    【私の評価】★★★★★(91点) ■私の北方謙三との出会いは、   学生時代にハードボイルド作家として  人生相談をしているのを雑誌読んだのが最初で、  あまりいい印象ではありませんでした。  しかし、この本を読んでみると  これがなかなか読ませて  くれるではありませんか。 ■古代中国での強国同士の軍事衝突。  そして、それぞれの政府中での権力争い。  いつの時代も、文と武の対立はあるのです。 ・宋の宮中に乱れを作るように。  あの国は、文官と武官の連携が  うまくいっていない(p381) ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む