「新編 もっと深く、もっと楽しく」中部 銀次郎

| コメント(0) |

中部銀次郎 ゴルフの神髄―新編もっと深く、もっと楽しく (日経ビジネス人文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■日本最強のアマチュア・ゴルファーと
 言われた中部銀次郎の一冊。


 青木功が「銀ちゃん」と呼ぶ彼は、
「日本アマチュア選手権」6回優勝し、
 プロより強いアマと言われました。


 ハンデが2桁ならクラブは
 ハーフセットで十分などと
 現実主義の方だったようです。


・ハンディキャップが二桁のゴルファーならば、
 クラブはハーフセットにした方が結果がいいと、
 私は言っているわけだ(p362)


■精神的なものも多いのですが、
 ゴルフ初心者の私には
 技術的なところが参考になりました。


 アプローチはアンダーハンドの
 トスの要領であったり、
 ロフトのないアイアンで寄せるなど。


 プロでもミスショットをするのですから
 いわんやアマチュアは簡単な打ち方を
 選んだほうがスコアはよくなのでしょう。


・グリーンまわりからのアプローチ・ショットは
 アンダーハンドのトスの要領(p98)


■もちろん私も銀次郎さんの
 アドバイスに従って
 練習しています。


 練習しないと上達しないのは
 どんなスポーツでも
 一緒のことですから。


 中部さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・クラブが自分の腕の延長であるように
 感じられるまで馴染む、それで初めて
 道具の善し悪しがわかってくる(p115)


・あれも打てる、これも打てるは、
 どの打ち方が自分に一番ふさわしいかが
 分からないことである・・
 アプローチ・ショット(p132)


・試合中に呼吸が浅くなる経験を何度もした・・・
 いかなるプレーに際しても呼吸に注意するように
 習慣づけた・・緊張、疑念、不安・・
 さまざまなマイナス要素が心中にあると、
 知らず知らず呼吸は口でしているのである(p355)


・ハンディ0でも、7番アイアンで
 芯で打てるのは十のうち3から4、
 狙ったグリーンに乗せられるのは、
 半分くらいのものなのだ・・・
 プロ・ツアーでのパー・オン率のトップが・・
 7割前後なのである(p24)


・ある高名なプロは、同伴競技者が
 バック・スウィングからダウン・スウィングに
 入ろうとする瞬間に、グローブの接着部分を
 ビッと音をたててはがすと、
 プロの間で言われている。
 他人がショットの最中に、その人の
 視界にスーッと入っていく。
 あるいは、言葉によって、相手の気持ちを
 乱そうとする・・狡知を極めたさまざまな妨害が、
 ターフの上では行われているのだ(p201)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


中部銀次郎 ゴルフの神髄―新編もっと深く、もっと楽しく (日経ビジネス人文庫)
中部 銀次郎
日本経済新聞社
売り上げランキング: 28,006

【私の評価】★★★☆☆(74点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

ゲーム設計次第でスコアが変わる
自分自身を知れ
一歩退く勇気を持て
バーディはまぐれである
意図を明確に決めること
ヤーデージは自分で測れ
技術は自分自身で学びとる
同伴競技者に惑わされるな
技ではなく、心の問題に帰着する
アプローチの神髄
人は人、自分は自分
クラブは人間が振るもの
"正しいスイング"とは
アプローチショット
開き直り
ナイスショットの確率
勝負は、心にある
ボールの位置とスイング
オールドコースのたたずまい
ゴルフの鉄則
ゴルフは不思議なゲーム
ピュアアマチュア
ショットのつなぎ
あなたの「呼吸」
ミスをしたら悔しがれ
プレッシャーに克つ
クラブとの付き合い方
ゴルファーたちの名言
ルールに甘えてはならない局面
"遠くへ飛ばす"ということ
ニクラウスの思い出
クラブの材質と飛距離
ドライバーショットのミス
欲は捨てること
コース設計
ボビー・ジョーンズのこと
もっとスコアを縮めるためには
何はともあれ深呼吸
自分の真の力を知る



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)