本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「出逢いの大学」千葉 智之

(2008年6月23日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出逢いの大学

【私の評価】★★★★☆(84点)


■「仕組み仕事術」のような本が増えてきましたが、
 今回は、人脈を作る仕組みを作ろうという一冊です。


 著者は、「パワーランチ」
 「パワーディナー」を主催することで、
 出会いの仕組みを構築しています。


・「人と出逢うしくみを作る」ということです。・・・
 僕の例を話しますと、
 「銀座パワーランチ」というランチの会を
 週一回、もう3年も続けています。(p76)


■具体的には、MixiやGreeなどのSNSでコミュニティを作り、
 その参加者に呼びかけて会を開催するというものです。


 主催者となることで、すべての情報が自分のところに
 集中することになります。


■著者が教えてくれる人脈形成のコツは、
 相手にメリットを与えるということです。


 したがって、もし相手から「初めてのお願い」があったら、
 これは受けなくてはなりません。


・「初めてのお誘い」は、
 仕事を投げ打ってでも行くべきです。(p165)


■人脈とは簡単に作れるものではありません。


 まして、何もしなければ作れるはずもありません。


 出会いの仕組みを作るという視点は、
 他にも応用できるものであり、参考になったので、
 本の評価としては、★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「初対面」がそんなに多くない
 普通のサラリーマンにとっては、
 質うんぬんをいう前に、まず
 「人と会う」ことが大切なんです。(p66)


・見返りを期待しないことが
 もっとも見返りを得る秘訣(p40)


・参加費が高いとそれだけ
 質の高い人が集まります。(p140)


・思い込みのバリアを破るためには、
 やはり上のレベルの環境に
 「慣れる」しかない(p34)


・「人から頼みごとをされやすい人」は
 「人から認められている人」ってことです。(p169)


・1回名刺交換しただけで、いきなり自分のメルマガを
 強制配信してくる人がまれにいます。・・・
 解除方法がよくわかんなかったりして大迷惑。(p176)


▼引用は、この本からです。

出逢いの大学
千葉 智之
東洋経済新報社
売り上げランキング: 78
おすすめ度の平均: 4.5
1 期待外れ
4 人脈観
5 人脈とは何か?
5 見返りを期待せずに与えなさい
3 さらっと読める、出会いの講義

【私の評価】★★★★☆(84点)



■著者紹介・・・千葉 智之(ちば ともゆき)

 1973年生まれ。建設会社を経て、情報メディア企業勤務。
 3か月に1回「パワーディナー」を開催し、数百人を集める。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: