本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「1日1枚成功シート―これで僕はホームレスから上場企業の社長になった」兼元 謙任

(2008年6月11日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1枚成功シート―これで僕はホームレスから上場企業の社長になった


【私の評価】★★★★★(90点)


■ホームレスから上場企業の社長となった
 兼元さんの一冊です。


 やはり目標達成には、
 潜在意識(この本では「自立神経さん」)を
 活用することが条件となるようです。


■では、この無意識ともいえる潜在意識に
 達成した目標を覚えてもらうには
 どうすればいいのでしょうか。


 それは体で覚えることです。
 つまり、口に出して繰り返し言う
 手で目標を書く
 これを繰り返すのです。


■この本には、目標達成シートがついています。
 内容としては、通常のものと変わりません。


 「自分のやりたいことリスト」を書いて、
 自分の目標を考える。
 そして目標達成シートを毎日書くのです。


・たとえ仮の目標であっても、一度決めたら、少なくとも3年はそこに向かって頑張ってみることをお勧めします。(p80)


■しかし、著者はホームレスになる前から、
 目標達成シートを書いていたといいます。


 では、なぜ失敗したのでしょうか?


■それは( 目標設定 )が
 間違っていたためです。


 目標に、大切な家族との関係や、
 大切な仲間との関係が
 入っていなかったのです。


 そのために、家族と仲間に見放され、
 ホームレスになったのです。


・Be careful what you wish for.・・・「考えるときには注意しろ。願いがかなってしまうから」(p27)


■目標設定の恐ろしさを、この本で実感しました。
 そして、恐るべき潜在意識の力も実感できました。


 さて、あなたならどんな目標設定をするでしょうか?
 あなたの未来はあなたの手の中にあります。


 本の評価としては、★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・若い頃、最初に目標を立てたときは、"仮決めの嵐"でした。ただ、大命題として一つあったのは、「世の中のためにいいことをする」ということです。(p47)


・夢や目標がなかなか思い描けない方へのヒント・・・僕がお勧めしたいのは、「父親のやりたかったこと」「母親のやりたかったこと」を、自分のやりたいことと並行して書き出してみることです。(p57)


・「作業項目」・・・「一つの成功」で弾みをつけるためにも、あえて、「達成できる項目を入れておいたほうがいい」・・・要は達成感。作業項目に「消す楽しみ」を入れておくべきだ(p124)


・「あなたの経験はたいした失敗ではない・・・日本という豊かな国で生きられるだけでも幸せなのに、こういう(ホームレス)生活をしているあなたが信じられない」(p3)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・兼元 謙任(かねもと かねとう)


 1966年生まれ。株式会社GK京都などを経て、1999年オーケイウェブ設立。2000年オーケイウェブ(現オウケイウェイブ)代表取締役。オウケイウェイブは2006年に名古屋証券取引所に上場。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png



メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: