本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「アメーバ経営学―理論と実証」KCCSマネジメントコンサルティング

(2007年3月 3日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメーバ経営学―理論と実証

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■いわずと知れたアメーバ経営。


 現場で導入すると、
 「こんな面倒くさいことはやってられん」と
 大反発がおきるようです。
 

 小さな会社をたくさん作るようなものですから、
 それまでどんぶり勘定で
 仕事をしてきた人にとっては、
 天変地異でしょう。

 
 しかし、そうしたアメーバ経営に対応できる人ならば、
 経営者の資質があることになります。


 面倒くさいから会計をしない会社はありませんから、
 アメーバも面倒くさいけれども
 やりきると成果が出てくるようです。


 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アメーバ経営では、フィードフォワード型予算管理・・・
 ローリングプランとマスタープランとの差異が・・・
 ゼロになるまで、何度もマスタープランが
 検討される。・・・マスタープランは
 経営者とアメーバリーダーの「共通の思い」であり、
 次年度の必達目標である(p84)


・アメーバ利益=付加価値-(他人資本利子+自己資本利子)
         =残余利益+経営者報酬+労働者賃金
 付加価値=売上高-(原材料費+外注加工費+水道光熱費
        +消耗品費+当期商品仕入高)
        +-棚卸資産に含まれる前給付原価の修正(p96)


・導入直後の反発・・・
 社内売買に忙殺されることに疑問・・・
 資材担当者が一括して行っていた発注を、
 製造現場の責任で行わなければならない煩わしさ・・・
 不正防止のために発注と受入を別々の人が行う、
 いわゆる「ダブルチェックの原則」について・・・
 反発を招いた。・・・営業もどんぶりで
 経費管理していたものを個人別に分けたが、
 「面倒くさいし、システムを覚えるのが大変(p193)


・原価管理の精度ですが、部門別原価では、
 やはりアメーバ経営の方が正確性は高くなります。
 その理由は現場で毎日計算しているからです・・・
 またマーケットプライスを常に把握していることから、
 見積もり計算も大変強い力を持っています。(p267)


アメーバ経営学―理論と実証
アメーバ経営学―理論と実証
posted with Amazonアソシエイト at 13.05.23

KCCSマネジメントコンサルティング
売り上げランキング: 54,708

【私の評価】★★★☆☆(75点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします



同じカテゴリーの書籍: