98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「米満和彦」が付けられているもの

    「不景気でも儲かり続ける店がしていること」米満和彦

    不景気でも儲かり続ける店がしていること (Do Books)posted with amazlet at 11.10.04米満和彦 同文館出版 売り上げランキング: 6456Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■印刷会社を退職し、独立した著者は、  しばらく仕事を受注できませんでした。  どうして、受注できないんだ・・・。  悩みに悩んだ著者が発見したのは、  知らない人に発注する人はいない、  ということ。  よく知らない業者が飛び込みで来たとしても、  ...


    「ニュースレター販促術」米満 和彦、高田靖久

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■最近、レストランを使うなら  ハミングバードを使っています。  その理由は、・・・  オーナーを知っているからです♪  (ここの朝礼はすごいんですよ)   ・パーソナル情報を公開し、    親近感を得る(p123) ■こうしたより親近感を持ったお客さまを作る  ツールが、ニュースレターです。  ニュースレターでは、折込チラシのように  売り込みはしません。  あくまでもこだわりの商品を説明したり、  商売に協力してくれるスタッフを  紹介するわけです。   ...


    「「0円販促」を成功させる5つの法則」米満 和彦

    0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)posted with amazlet at 10.06.20米満 和彦 同文館出版 売り上げランキング: 7848Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(77点) ■売れているお店には、  なんらかの特徴があります。  この本では、売れるお店の  ちょっとした工夫の例を  たくさん教えてもらえます。   ・居酒屋でお客の注目を集める大学ノートを目にしました。    あるパン店では血液型占いを印字しただけの紙...


    最新版 ひと味違う販促企画アイデア集」米満 和彦

    【私の評価】★★☆☆☆(61点) ■販売促進はだれでもお悩みだと思います。  やはり何と言っても他人の成功事例が参考になります。    基本的なものが多いので、最初の一冊にどうでしょうか。 ───────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。   ・立地的にはどうしても不利なお店ですが、    そこはコーヒーの香りによる演出で、    1階のお客を次々と引き込んでいます。    1階は別のお店ですが、店主に頼んでコーヒーの香りを    流すようにしています。(...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む